« 再び中越地方に地震 | トップページ | 妻の実家の母(85歳)の怒り »

2007年7月16日 (月)

これ以上の消費税増税は許されない

 消費税とは便利な税制で、ある時は社会福祉のため、現在は年金財源のため。もっとも得するのは財界。財界と云われるほどの大企業は、製品に消費税分を全部上乗せして販売します。その意味で、大企業は自らの腹を痛めては消費税を払わなくて済むのです。全額消費税でなどに成れば、企業の負担していた分も消費税で賄えるのです。国庫負担を三分の一から二分の一へ引き上げても、結局国民が負担するのです。年金財源に回すからといって定率減税を全廃したのも、結局年金財源には殆どがまわらず、今度は消費税でなんて無責任すぎる。消費税は打ちでの小槌では在りません。大金持ちも、貧乏人も、収入の無い学生も同じように払う税金を、国民福祉に当てようなんて考える政治家は、ろくでもない人間です。企業でも中小・零細企業・個人商店などは、、消費税を値段に上乗せできないのが実態です。大企業の下請企業も、コストダウンを押し付けられ、消費税分は別ですなんていって請求したら即、下請けを首になるのが実態です。ですから、実際に自分の腹を痛めて税金を払うのは、中小・零細・個人商店、国民だけなのです。一番福祉を求めている者だけが払う税金なのです。これが一番みんなに公平に負担して頂く良い税制だなどは、欺瞞に満ちた詐欺師の云うことです。これほど不公平な税制は在りません。家計に於ける食事代の割合を示すエンゲル係数。この、エンゲル係数の高い家ほど、貧乏なのです。収入の殆どが食事代という事ですから、食べるのに精一杯。この家が払う消費税は、とてつもなく高い割合の税金になります。必要経費も何も認められないのですから。
 今度の参院選挙、自公内閣は、争点化を避けています。秋の国会で論議するそうです。でも、今年の秋ですよ。今から何も考えていないなんて、誰が信じますか。自公内閣は、又しても国民を騙すのです。定率減税戦犯公明党は、百年安心年金の誤りも認めないで、結果の嘘も認めないで、今度は消費税を充てるも認めないで、選挙を乗り切る積りです。安倍総理も同様。この二つの政党に、違いは何も無い。

|

« 再び中越地方に地震 | トップページ | 妻の実家の母(85歳)の怒り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再び中越地方に地震 | トップページ | 妻の実家の母(85歳)の怒り »