« 自民、民主の宗教団体支援選挙 | トップページ | 騙され続けて何十年、新手の詐欺師も加わって »

2007年7月 8日 (日)

自殺した松岡氏の代わり、赤城農水相に大疑惑

 安倍総理が次々と送り出す代わりの大臣は皆靖国派の幹部で、それも同じような問題持ちばかり。自殺した松岡氏の後釜赤城大臣は、辞任した佐田行革大臣と同じ疑惑が持たれています。自分の実家を「主たる事務所」と届け、全然実態がないのに過去十年間で9000万超の事務所費など経常経費を計上していたのです。これらの支出には領収書がいりません。実家に住む赤城氏の母親は「家賃や光熱費は受け取っていない。秘書などいない」と語り、この事務所の代表になっている元県議も「自分の名前が使われている事も知らなかった。赤城氏が議員に成ってからは実家に行ったこともない」。事務所としての実態が何もない事が明らかに成りました。領収書の公開も拒否しました。
 佐田行革大臣は、1990年からの10年間で架空の事務所費経費など7800万円を政治資金収支報告書に計上していた事が明らかに成り、辞任しました。これは同じケースです。
 安倍無責任総理はまた同じ事を云いました。「農水相はしっかり説明した。辞任の必要はない」。
 こんな人達が、道徳だ、美徳だ、国柄だ何て云っていても、何の説得力もない。みなお金がらみ。靖国派を称する人々の、道徳心を疑います。尤も、歴史も改ざんする人達ですから。

|

« 自民、民主の宗教団体支援選挙 | トップページ | 騙され続けて何十年、新手の詐欺師も加わって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民、民主の宗教団体支援選挙 | トップページ | 騙され続けて何十年、新手の詐欺師も加わって »