« 原発大国日本の恐るべきお粗末さ消防隊を持っていない | トップページ | 自給330円、信じられますか。本当の話 »

2007年7月20日 (金)

チエルノブイリから何も教訓を引き出さない日本政府

 当時のソ連で起きたチエルノブイリ原発事故は、今でも悲惨な状態ですが、そこから何も学ぼうとしない日本政府は無責任を超えて、犯罪的です。核を、核兵器を、さも普通の物の様に国民に思わせようとするには、原発も安全だと云うでしょう。それ程安全なら、東京のど真ん中にでも作ったら如何ですか。首相官邸の隣とか、防衛省の中とか、色々場所なら提案しますよ。原発を過疎地に作るのは酷いと思いませんか?原発事故を想定しているのです。だから、なるべく人口の少ないところに設置するのです。犠牲が少なければ良いのか。余りにも失礼です。 世界的には原子力発電は後退しています。そこを、何が何でも原発推進しているのが日本です。核の恐ろしさを一番知っている日本が何故原発にこだわるのでしょう。もし、原発しか発電方法が無いならば、この地震列島でもしょうがない選択肢でしょう。だが、ここで考えなければいけないと思います。立ち止まって、多くの専門家会議を立ち上げ、本当に日本に相応しい発電方法を見つけましょうよ。国民も参加して考えましょうよ。たった一つの原子炉の破壊で、広範な大地が死滅し、大きな犠牲を出す原発は、今、立ち止まらないと大きな後悔を、悲しみを作り出すと思います。

|

« 原発大国日本の恐るべきお粗末さ消防隊を持っていない | トップページ | 自給330円、信じられますか。本当の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発大国日本の恐るべきお粗末さ消防隊を持っていない | トップページ | 自給330円、信じられますか。本当の話 »