« 丸川珠代氏が当選、それも61万票も獲得して | トップページ | 赤城徳彦、そろそろ縛(ばく)に付きやがれ »

2007年7月31日 (火)

企業のモラルの無さは、ヤマダ電機にまで拡がる

 家電リサイクル法では、リサイクル料金を消費者が払います。ヤマダ電機はその廃家電をメーカーに渡さず、中古家電の輸出業者に横流ししていました。千六百台のリサイクル料は最大五百万円ですが、消費者からお金を不正に徴収していたのです。企業のモラルの無さが、大企業から始まり、ヤマダ電機にまでおよんでいるのです。
 これは政治のモラルの無さから始まり、今や経済社会全体にまで広まってきたのです。
日本は今ルール無き資本主義と言われています。嘗ては、大企業は其れなりのルールを持っていたし設けることだけが企業の在り方ではなかったのです。そんな大企業を、付け上がらしたのは、間違いなく自民党の献金で買収された政治が根本に在ります。こんな政治を永いこと、当然のようにしてきた政治家の背中を、永いこと見せられてきたこどもが大きくなって、ホリエモンだ、村上だ、金さえ儲かれば何が悪いといったモラルの無い「起業家」をたくさん作り出したのです。元の教育基本法が原因では無かったのです。悪政に次ぐ悪政、大企業スリスリ路線、お金に成れば、財界のために法律を作る。こんな世の中を更に進行させるばかりでなく、このような状況を逆に利用して、その原因があたかも戦後教育にあったかのように云うのが、悪名高い靖国派の連中です。自分達の撒いた悪性の種子が、今開花してきた事を誤魔化す、最大の犯罪人です。

|

« 丸川珠代氏が当選、それも61万票も獲得して | トップページ | 赤城徳彦、そろそろ縛(ばく)に付きやがれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丸川珠代氏が当選、それも61万票も獲得して | トップページ | 赤城徳彦、そろそろ縛(ばく)に付きやがれ »