« いい加減に嘘を大きな声で云いなさんな、公明北側幹事長 | トップページ | 参院選の最中カビのはえたCIA文書の報道 »

2007年7月19日 (木)

生活保護は縮小するが政党保護は相変わらず、変ですよ

 歳出削減だと大騒ぎしていても、聖域が在ります。軍事費。大企業減税。政党助成金。
なんで政党には税金をつぎ込むのか。一方、生活保護が受けられず餓死者まで出ているのに。これ絶対変です。政治資金がらみの犯罪が続き、政治資金を無くしていく段階的措置が、すっかり根を張って、当たり前に成るだけではなく、銀行も社会参加という理屈で政治資金を出せるなんて話になってきた。今や当たり前のように、経団連が成績表を作り、いい子には資金を出すなんて云っちゃって、かたや、自民党、公明党、民主党は、スリスリ財界様詣で。社民党に至っては、助成金がなければ維持できない状態。何で?税金で賄う必用が在るのでしょう。お金なくて苦しい生活を国民はしているのですよ。
 政党とは、同じ志の人々が集まって政治をする団体です。現在のように、選挙のために離合集散したり、助成金欲しさで郵政造反議員を再入党させたりするものではないのです。いかに、志も何も無いかを示しています。ただ金金、それだけ。こんな人達には、本当の政治なんか出来る訳が無いのです。
 唯一日本共産党だけは、一円たりとも、税金からも、団体からも、企業からも貰わず、独自で努力し、新聞紙、書籍、党費、個人カンパだけで運営しています。それが近代政党なら当たり前なのです。簡単にお金を手にする助成金制度が、政党を腐らせ、政治買収を許し、国民を顧みない政治をはびこらせているのです。
 国民の税金の使い方を見直すにも、平気で、当たり前のように税金を分捕っている政党にはちゃんとしたことは出来ません。歳出削減も、弱いものいじめしか出来ません。日本で尤も近代政党としての本当の政党日本共産党を大きく伸ばしましょう。アメリカ最大の「タイム」誌が「日本における唯一の真の野党」と共産党を紹介しました。
「世界で経済大国二位の日本で、共産党が元気だ。日本政界の大政党は明確で首尾一貫したアイデンティティーを持っておらず、識別できるような政治的立場の違いはほとんどない。日本共産党は日本の旧態依然たる政治への唯一の真の野党としての役割を果たしている」。

|

« いい加減に嘘を大きな声で云いなさんな、公明北側幹事長 | トップページ | 参院選の最中カビのはえたCIA文書の報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いい加減に嘘を大きな声で云いなさんな、公明北側幹事長 | トップページ | 参院選の最中カビのはえたCIA文書の報道 »