« 参院選挙結果は私達の生活を決める | トップページ | 自殺した松岡氏の代わり、赤城農水相に大疑惑 »

2007年7月 7日 (土)

自民、民主の宗教団体支援選挙

 私のお寺は天台宗のお寺です。私は死んでもそこに入りたくないのです。何しろ金取り主義のお寺で、天台宗は高いという噂です。本当です。高い高い。私は無心論者なので、植樹葬にしようと思っています。
 さて選挙です。公明党は創価学会の政治出先機関。自民党、民主党はこの春、「参議院自民党全日本仏教議員連盟」、民主党は「民主党仏教議員連盟」を立ち上げました。それに呼応して浄土宗(知恩院)が6年前に続き自民比例区代表を推薦。そこには曹洞宗、日蓮宗、天台宗などが名を連ねています浄土真宗本願寺派(西本願寺)は比例区で民主新人、大阪選挙区で自民現職を推薦。天台宗のトップ、天台座主渡邊恵進は、日本会議の中央役員。この日本会議は戦前回帰の靖国思想の団体です。私の出すお金が、こんな人の懐を暖めると思うと許せません。宗教は宗教でしょう。拝んでいなさい。国民ですから、選挙権は当然あります。でも、宗派がどの政党を推薦するかは、個人の問題です。財界に頼み、宗派に頼み、酷い選挙になりましたね。

|

« 参院選挙結果は私達の生活を決める | トップページ | 自殺した松岡氏の代わり、赤城農水相に大疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 参院選挙結果は私達の生活を決める | トップページ | 自殺した松岡氏の代わり、赤城農水相に大疑惑 »