« アメリカベッタリ派と、本当の靖国派は違いが在るのではないか | トップページ | 自民、民主の宗教団体支援選挙 »

2007年7月 7日 (土)

参院選挙結果は私達の生活を決める

 この貧困をストップさせましょう。でなければ浮かばれない。貧乏で、貧乏で貧乏な人が、公明党の選挙活動をしています。何故貴方は貧乏なのか、考えましょうよ。安倍首相は云いました。「消費税を上げないなどとは一度も云っていない。でも、ここで何パーセント上げるなどと云ったら、歳出削減が緩んでしまう。選挙の後に発表する」。選挙は近い。選挙後も同じでしょう。選挙の結果に影響が出るから云わないだけでしょう。住民税が上がったばかりなのに、今度は消費税値上げです。自民党、公明党、民主党、国民新党。みんな同じ消費税値上げ派。社民党は、党としては消費税値上げ反対を云っていますが、民主党の候補者を応援もしています。スタンスが定まらない党です。国民新党は選挙後、自民党と一緒に成りたいのです。
 憲法問題も同じ。自公は勿論、民主党も、国民新党も改憲派。社民党はどうか。改憲に徹底して反対している共産党とは手を組まない。新社会党はどうか。以前のブログに書いたように、九条ネットをつくり、そこからの立候補で党首を当選させようとしています。党首が語りました。「当選したらまた新社会党の委員長として活動します」。選挙道具の九条ネット。保守も革新も、無党派層も入った九条の会とは全然違います。
 今国政は、酷政と言われるほど国民蔑ろ、財界応援です。これに待ったを掛けられるのは日本共産党だけです。嫌いでも何でも聴いてください。財界から一円も貰わず、税金である政党助成金も受け取らず、自らの党費、機関誌代、個人献金だけで成り立っている政党です。アメリカのタイムス紙も取り上げ、先進資本主義国日本の共産党は元気で、日本の政党の中で最も政党らしい政党だと報道しました。戦前からの犠牲者を出しても、戦争反対を主張した政党、唯一の政党と報道しました。
 日本共産党は、何故名前を変えないのかという意見、結構聴きます。名前が変わればもっと支持者が増えるのではないかと。それは在り難い意見ですが変えちゃ駄目です。将来的な永い展望を持っている政党はないのです。この日本を民主的な国に変える。格差を無くし、こどもも元気な国を目指す。平和に徹し、国民生活も豊かになったとき、国民がもっと幸せに成れる、新たなその先の政治体制が在る事を確信して、共産なのです。みなで共に生み出す。利益もみなで分け合う。本当の平等社会が誕生するのです。国内で不必要に生産してもしょうがないのです。ですが世界全体を見たとき、四季に恵まれ、気温に恵まれた日本は、世界の需要の為に、多くの作物を作り、少しでも世界の貧困国のための生産に切り替えて、重要な食べ物を世界に供給できるのです。出来た作物を捨てたりしないで、世界の役に立てるのです。それが日本共産党の主張です。

|

« アメリカベッタリ派と、本当の靖国派は違いが在るのではないか | トップページ | 自民、民主の宗教団体支援選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカベッタリ派と、本当の靖国派は違いが在るのではないか | トップページ | 自民、民主の宗教団体支援選挙 »