« 安倍政権に危機感を感じ保守、中間派文化人の護憲発言が続く | トップページ | アメリカベッタリ派と、本当の靖国派は違いが在るのではないか »

2007年7月 5日 (木)

ストックホルム平和研究所の分析結果

 憲法で戦力不保持を決めた日本の06年度の軍事予算が、アメリカ、イギリス、フランス、中国に次ぐ世界第五位だと発表しました。凄いですね。第五位です。オリンピックなら入賞です。しかも、その中身を見ると、日本防衛とは無関係な費用がたくさん在ります。90式戦車。三菱重工が作って設けているのですが、この戦車は、冷戦時代のソ連からの戦車体の攻撃を防ぐ為に1990年に予算化され、1991年に契約が重工と結ばれ、その91年にソ連は崩壊します。おまけに90式戦車は重さが50トンもあり、北海道だけに配置され、それでも普通の橋や道路は20トンまでしか通行できず、ニッチモサッチモ動かせない戦車です。冷戦の終結で、対ソ戦の必用が無くなったのに、毎年予算を組んでこの戦車を買い続け、今年の予算でも72億円投じて九両発注しました。現在320両持っています。総額で3000億円。
 海上自衛隊のイージス艦も同じです。一隻1200億円、最新型は1400億円。これも対ソ戦の為で、当時のソ連のバックファイア爆撃機を迎え撃つのが目的で、当時の中曽根首相がアメリカと約束したのです。ソ連が崩壊しても1998年までに四隻揃えました。使い道を後から考え、インド洋に交代で出動しただけ。今度は北朝鮮のミサイル問題が出来て2002年から、新たに二隻発注しました。総額で7600億円。
 ミサイル防衛システムもアメリカの科学者の多くは未完成だと言っていますが、日本政府は買い始めました。このお金は、一体どのくらい掛るのかも全然未定です。かなりの高額です。
 アメリカ軍への思いやり予算、今年度2100億円。何処にも規定されていない予算です。国民からは大収奪、アメリカ軍には思いやり。狂っています。
 アメリカ軍が世界中でしている再編の為に日本は3兆2000億円もだします。この中には、アメリカ領グアムでの、基地建設費用、住宅建設費用も含まれます。国民には安い公営住宅の縮小をしながら、アメリカには大盤振る舞い。これ私達が必死に払ったみんな税金です。
 まあ、こんな国珍しい。アメリカ自身も云います。本国より日本に基地を置いたほうが安いと。一体日本の政府は、こんなサナダムシの様な寄生虫をどこまで庇うのか。

|

« 安倍政権に危機感を感じ保守、中間派文化人の護憲発言が続く | トップページ | アメリカベッタリ派と、本当の靖国派は違いが在るのではないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍政権に危機感を感じ保守、中間派文化人の護憲発言が続く | トップページ | アメリカベッタリ派と、本当の靖国派は違いが在るのではないか »