« 日本固有の伝統と文化を復活させたい無知な人々へ | トップページ | 今の日本は啄木の時代、か。 »

2007年8月17日 (金)

優れた伝統を持つ日本と云う無知な人々へ

 まず前回書いたように、日本だけの優れた伝統何てことを云っている様では、もうすでに世界で最高に優れた唯一の国という思想が先にたって、現在の国際社会では通用しないことを、あなた達は気づかないだろうが体現しているのです。何故、あなた達がそんな思考を持つに至ったかを明らかにします。あなたたちも解からない過程を。
 まず、東京裁判の不徹底さを指摘します。途中で中止になった東京裁判には、根本的な弱点が在ったのです。
戦争裁判の被告席に、最高の戦争責任者を立たせなかったこと。昭和天皇のことです。あなた達は誇るべき伝統として、天皇を中心に日本が一つにまとまっていたと主張します。ならば、戦前の日本が行ったことは、天皇を抜きにして語るのは失礼ですよね。当然裁判の被告席に座って、どうどうと主張すべき機会が与えられなくては。もし、このことを否定するのなら、戦争中だけは、天皇を中心に纏まってきた悠久の歴史が途絶えていたことになります。そんなことは主張していません、あなた達は。結果として言えば、最高責任者、天皇を裁けないから、高級軍人を裁くだけになりました。安部氏の祖父、岸信介は日本の傀儡国家「満州国」において、東条英樹が関東軍憲兵司令官・参謀長をつとめたもとで、経済・産業の最高責任者として権勢をふるい、産業五カ年計画による鮎川財閥の導入など、満州の資源の略奪、植民地支配をほしいままにした人間です。東条英機・星野直樹・岸信介・鮎川義介・松岡洋右を指して2キ3スケと恐れられた一人です。この時期満州経済はアヘン取引によって莫大な利益を上げ、これが東条に渡り、首相になる工作費用に成ったのです。東条内閣誕生後は、商工大臣、軍需次官をつとめ、次官と言っても大臣は東条の兼任でした。国家総動員体制、軍需生産増進、大東亜共栄権の自給自足体制を確立し、戦時経済体制を確立した男です。彼までが戦後まもなく釈放されるのです。彼だけでなく多くの戦争推進者がみな釈放されたのです。それこそ、アメリカの占領政策の変更によって。処刑にされたのはたった七人。戦後二年たった47年には、戦犯容疑者24人釈放。48年には岸等17人釈放。50年には終身刑を宣告されていた18人、結局全員の釈放が50年には行われたのです。彼らが戦後の政治の第一線に戻ったのです。同時に、共産党員の公職追放レッドパージが始まるのです。みなアメリカのマッカーサーの指示によるものでした。
 憲法はマッカーサーの指示も、覚書もないのに、あなた達は押し付けだ云う。あなた達の支持する戦前の日本を指導した人間達は、アメリカの志向で、天皇は被告席にも着かず、処刑された七人を除いて、全員釈放されたのです。あなた達こそ、アメリカ様様ではないですか。戦後五年で、みんな戦後政界の重鎮に成ったのです。これこそ日本だけ。ドイツやイタリヤとの大きな違いです。これ以降の政治に影響されて、日本の国体、国柄等と寝ぼけた意見が存在しているのです。ついでに教えてあげます。押し付け憲法を語るなら、マッカーサー覚書で始まった日本の再軍備こそ、唾棄すべきでは在りませんか。ちゃんと覚書として、記録も残っているのです。
 私が敢えて無知と言う意味が解かりますでしょ。

|

« 日本固有の伝統と文化を復活させたい無知な人々へ | トップページ | 今の日本は啄木の時代、か。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本固有の伝統と文化を復活させたい無知な人々へ | トップページ | 今の日本は啄木の時代、か。 »