« お弟子さんの、深刻な悩み。これ庶民の悩み。 | トップページ | 私達や周りのこどもたちは、安部氏程駄目人間か、教育再生とは何を狙う。 »

2007年8月12日 (日)

若者の使い捨て政治は日本の明るい未来を閉ざす、告発する

 若者が元気で、やる気の起こせる社会でなければ、その社会は未来が在りません。これ、当たり前のことでした。その当たり前が、当たり前では無くなった現在の社会は、自然に出来上がった訳では在りません。
 1947年、新憲法の施行を受けて職業安定法が出来ました。この法律は第44条で「労働者供給事業の禁止」を掲げ「何人も・・労働者供給事業を行い、又はその労働者表供給事業を行うものから供給される労働者を自らの指揮命令の下に労働させてはならない」と規定されていました。日本では過去、たこ部屋に代表される制度が存在し、口入稼業と言われる中間搾取が常態でした。これを新憲法の下、直接雇用が原則であることを示したのです。この精神を踏みにじる事態が1985年に起きます。国会に労働者派遣法が提出され可決したのです。ですから1986年から施行され、職業安定法の中に小さな穴が開けられたのです。
 それからの歩みを書きます。
1985年 労働基準法改正(改悪)・労働者派遣法成立
1986年 労働者派遣法施行令改正(改悪)
1987年 労働基準法改正(改悪)
1990年 労働者派遣法施行令改正(改悪)
1993年 労働基準法改正(改悪)
1994年 高年齢者雇用安定法改正(改悪)
1996年 労働者派遣法・施行令改正(改悪)
1997年 労働基準法改正(改悪)
1998年 労働基準法改正(改悪)
1999年 労働者派遣法成立
2000年 労働者派遣事業許可基準改正(改悪)
2003年 労働基準法改正・労働者派遣法改正(改悪)
2006年 労働基準法改正(改悪)
 1986年に職業安定法に小さな風穴が開いてから。これだけの労働法が改悪されたのです。結局現在の若者の就職難、ワーキング・プアを生み出したのです。労働基準法の改悪だけでも六回に及ぶのです。
 これが政治の関係では無いと、財界の主張に沿った政治のせいではないと、どうしていえましょう。一つ一つのいわゆる改正がこれだけあって、これがどんな改悪であったかを、次に明記します。
 1985年に時間外・休日労働、深夜業の女子保護規定の緩和が、男女平等の名において行われましたが、賃金の男女差別とほ残り、実質的には正規女性労働者の非正規かを進行させました。もう一つの派遣法は戦後初めて労働者派遣事業を法律で認め、13業務に派遣が許されました。
 1986年には、派遣対象業務が追加され、16業務に拡がりました。
 1987年には変形労働時間制が導入され「みなし郎等時間制」の整備。
 1990年には派遣対象業務の一部を拡大します(対象業務は16業務のまま)。
 1993年には一年単位の変形労働時間制を導入。毎年見直しが出来るようにしました。
 1994年には60歳以上の高年齢者派遣業務を原則自由化します。
 1996年には育児・介護休業取得者の代替要員への派遣業務を自由化。更に派遣対象業務を26業務に。
 1997年には18歳以上の女性の、時間外・休日労働、深夜業務のきせいを全廃。
 1998年には企画業務型裁量労働制を導入。
 1999年には派遣対象業務を一部を除いて原則自由化。派遣が可能となった業務の派遣期間を一年に制限。
 2000年には紹介予定派遣を解禁。
 2003年には有期労働契約期間の上限をい年から三年に引き上げ。企画業務型裁量労働制について、対象事業場の拡大、導入要件の緩和を決めます。また一年の期間制限のある派遣について三年まで延長。
 2006年には妊産婦及び作業員を除く女性の坑内労働の規制を緩和。

 派遣業の合法化によって、企業は正規雇用の人数を減らし、若者をはじめ国民の正規雇用の機会をどんどん縮小し、不安定雇用の拡大のために労働基準法まで変えて、日本に「口入れ稼業」を復活させ、正規雇用に比べて、二分の一から三分の一の極端な低賃金で労働者を働かせ、おまけに口入やのピンはねまで合法的なシステムの中に組み込んだのです。最後に掲げた女性の坑内労働の規制緩和に代表されるように、そこまでは働けないと言う女性たちの首切りを合理化し、パートに置き換える。これらに見るように、働くものの為の改定は行われてこなかった。身体的当然の差異を無視することは、本当の男女平等とは無縁なものです。
 現在、財界が大儲けをするために、ここまで財界の為の労働法制改悪が在ったのです。これを厳しく国会で指摘し、反対し、同時に自分たちが作った法律ぐらい、せめて守れと監視し、改めさせているのは、共産党だけです。
 若者が希望の持てる、そして結婚も出来る社会に、みんなでしていきませんか。その為には、小さく見えることでも、本質を考えていかなければなりません。今の社会に、人事はありません。
 

|

« お弟子さんの、深刻な悩み。これ庶民の悩み。 | トップページ | 私達や周りのこどもたちは、安部氏程駄目人間か、教育再生とは何を狙う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お弟子さんの、深刻な悩み。これ庶民の悩み。 | トップページ | 私達や周りのこどもたちは、安部氏程駄目人間か、教育再生とは何を狙う。 »