« 選挙になって考えるのでは無く、普段からちょっとでいいから考えましょうよ | トップページ | 地球を破壊し、今度は宇宙も軍事利用してまで金を稼ぎたいのか »

2007年8月 4日 (土)

労働経済白書があばく、自公の大嘘

 うちの中でも聞こえるぐらいの大声で「改革を止めるな」。「成長を実感に」。ああ、安部のお友達だとすぐ解かりました。この間の参院選挙の時のことです。でも嘘はいずればれると言いますが、こんなに早く、それも厚生労働省の白書でバレルとは面白いです。今月三日、厚生労働省は、07年版労働経済白書を発表しました。これには、経済がどれほど成長し、その中から労働者の賃金にどれほど使われ、労働時間短縮にどれほど使われたかが分析されているのです。この白書は2000年代から、株主配当の増額、役員給与の増額、内部留保の急増を指摘しています。なんていうこと無い、今から七年も前から、成長を実感していた人たちがいたのですね。ですから「成長を実感に」なんて云うキャッチコピーが生まれたのです。我々が、生活厳しくなってきていても、株主様や、大企業の役員様は楽を始めていたのです。
 1980年代。生産性が2・8パーセント上昇し、そのうち実質賃金の増加のために1・6パーセントが使われました。0・2パーセントが労働時間短縮のために使われました。
 1990年代。生産性が1・4パーセント上昇し、そのうち実質賃金の増加のために0・2パーセントが使われました。1・1パーセントが労働時間短縮のために使われました。
 さて、2000年代になるとどう変わったのか。生産性が1・7パーセント上昇したのに実質賃金のためにマイナス0・1パーセントに減り、労働時間短縮のために0・1パーセントが使われただけです。ハッキリしたことは、2000年代から労働者の為には生産性の上昇が何の役にも立っていなかったことです。労働者というと、私には関係ないなんて思わないで下さいよ。家族を含む、皆さんの生活の基ですから。
 安部自公内閣がこんなこと云っているの覚えありませんか。 「格差を固定しないためにも、経済成長が必要なんです」。聴いたこと在りますよね。ならば、成長の成果を、1980年代並に国民に戻しなさいよ。今のままでは、成長の成果なんて全然国民には来るはずないのですよ。長時間不規則労働。不安定雇用。低賃金。こんなに酷くなった2000年てなんの年だかお分かりになりますか。それまで政府は自民党、自由党、公明党のいわゆる自自公政権だったのです。2000年三月から自民、公明の自公政権が発足したのです。時を同じくして、この結果です。
 創価学会の人にも語りかけますが、いくらマインドコントロールされていても一生懸命自分の親からもらった頭を出来るだけお使いに成ったほうがいい。いまや、公明党は弱者の味方では絶対にありません。私に言わせれば本音を出した、足だけ白粉を塗った狼です。子豚にならないように。

|

« 選挙になって考えるのでは無く、普段からちょっとでいいから考えましょうよ | トップページ | 地球を破壊し、今度は宇宙も軍事利用してまで金を稼ぎたいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 選挙になって考えるのでは無く、普段からちょっとでいいから考えましょうよ | トップページ | 地球を破壊し、今度は宇宙も軍事利用してまで金を稼ぎたいのか »