« さあ、福田か?麻生か?同じ穴のむじな。 | トップページ | 今なりを潜めているのは卑怯だ。謀略政党公明党。 »

2007年9月16日 (日)

靖国派に理論はない。ただ思い込みだけの集団。 2 「教育再生」の意味。

 皆さんも、「教育再生」という言葉はお聞きに成っているだろうと思います。政権を放り出した安部氏のよく使う言葉でしたし。あんな無責任な人がよく云っていたことなら、教育本来のことは語れないはずですが、ここに靖国派の、思い込みだけの人達が、色々な政府機関の意思形成システムを根本的に変えてしまったのです。
 教育のことは文部科学省があり、中央教育審議会も在りますが、首相直轄の機関として、「教育再生会議」を立ち上げたのです。ここで実質的意見は決めてしまおう、こんな腹積もりです。首相がなにしろボンボンですから、大して頭の良くない人たちでも、出来たのです。
 この会議は教育について深い検討を行うはずなのに、教育についての科学的な検証に従事している者を一人も含まない組織でした。(本田由紀東大助教授) 政府の機関としては異例中の異例として、マスコミに対しても会議を非公開にしてきました。更に念を押すように「教育再生機構」を立ち上げ、再生会議をリードする役目を果たさせました。この再生機構の理事長が八木氏です。何を語ったか。
 「太古の昔、神々がつくったと伝えられる神秘の国。有史以来、国の中心に一系の天皇をいただいてきた伝統の国こそ日本である。その誇るべき日本文明の未来に暗雲が立ち込めている。歴史と伝統を否定する戦後教育が60年以上にわたって深く国民の心と体を蝕み、ついに国家の中枢を侵すにいたった。教育の力によって汚されたものは、教育の力で清めることができる。それが教育再生である」。
 教育再生とか言うと、学校の荒れとか、不登校のことかな、あるいは何だろうと考えるのですが、ハッキリしています。万世一系の天皇をいただく神の国・日本を、戦後の教育が穢(けが)した。その汚れを教育で清める。それを、「教育再生」というのです。戦前回帰の思い出すね。

|

« さあ、福田か?麻生か?同じ穴のむじな。 | トップページ | 今なりを潜めているのは卑怯だ。謀略政党公明党。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さあ、福田か?麻生か?同じ穴のむじな。 | トップページ | 今なりを潜めているのは卑怯だ。謀略政党公明党。 »