« 金メタポリックと貧乏人の共在する世界 | トップページ | 「集団自決」検定撤回を求め沖縄11万人大集会 »

2007年9月29日 (土)

泥棒の論理「返したからいいだろう」政治資金の真実。おかしい。

 福田首相が03年、05年だけ寄付を受け取っていました。その相手は国の事業を請け負っていた業者で、公爵選挙法では国政選挙に関する寄付を受け取ってはいけないことになっています。この03年は衆議院選公示の前日に、05年は衆議院選公示の二日後に、寄付がなされています。間の04年と06年には寄付はありません。誰が考えても、おかしい事です。福田事務所では「今日(28日)返金したそうです。自分たちで決めた法律さえ守らず、返したから問題ないでは、泥棒は、滅多に捕まりません。「返したからいいだろう。ウララァー。てめえは何なんだよ。やさえもん・・?三味線弾き・・?黙って三味線弾いてろ!口出すな!」
 「黙って三味線を弾いてられる世の中ですかね。三味線弾きにも色々いるんだ。いい加減にしろいや!馬鹿」。
ここが私のいけないところ、必ず馬鹿を言ってしまう。

|

« 金メタポリックと貧乏人の共在する世界 | トップページ | 「集団自決」検定撤回を求め沖縄11万人大集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金メタポリックと貧乏人の共在する世界 | トップページ | 「集団自決」検定撤回を求め沖縄11万人大集会 »