« 靖国派に理論はない。ただ思い込みだけの集団。 2 「教育再生」の意味。 | トップページ | 構造改革に騙されないように。小泉氏が云った改革の痛みは段々酷くなる。 »

2007年9月17日 (月)

今なりを潜めているのは卑怯だ。謀略政党公明党。

 参院選の大敗北後、チラチラとあちこちを見ている謀略政党公明党が、民主党案に賛成することもありうると云いました。政治資金規正法の件で。(北側幹事長)
 この政党は、安部氏が辞職する前に自民党内でテロ特措法の延長が難しくなった時に自民党が出した新立法の動きに賛成したのです。この新立法は、成立してしまえば国会の承認なしで海外派兵できる、自由海外派遣法でした。これに賛成した公明党の、もっともらしい理由が「政治的空白をつくる訳にはいかないので、賛成する」です。今まで、安部氏のやりたい放題、つくりたい放題の法律を自公一緒に決めてきて、強行採決してきて、貧困と格差を拡げに広げてきて、誰が見ても、自民党の補完機関ではなく、推進役だと見抜かれたから、選挙で一大事を起こしてしまったのです。何故一大事か?謀略政党公明党は、どんな謀略を駆使しようが選挙に連戦連勝でなければならない、偉い誰かさんの指示があるのです。この期待に応えられなかったのです。創価学会青年部の期待のプリンス太田代表も、初めての戦いでの敗北でした。
 私はそんなのどうでも良いのです。問題は、国民にしてきた政治のどこに問題が在ったかを、公明党はどのように考えているかを国民に明らかにしなければ無責任です。民主党案に賛成しようが反対しようが、その責任を果たさない限り、やはりこの政党は権力に近づくことだけが現在の目的で、国民の生活を考えるような政党ではないことを、全国の国民の前に示すことになります。
 公明党なくして、あの異常な強行採決の連続国会は在り得なかったのですから。責任を取るべきです。

|

« 靖国派に理論はない。ただ思い込みだけの集団。 2 「教育再生」の意味。 | トップページ | 構造改革に騙されないように。小泉氏が云った改革の痛みは段々酷くなる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靖国派に理論はない。ただ思い込みだけの集団。 2 「教育再生」の意味。 | トップページ | 構造改革に騙されないように。小泉氏が云った改革の痛みは段々酷くなる。 »