« ボンボンらしい辞職の仕方、意味不明 | トップページ | 「健康は自己努力で」何をぬかす、厚労省。 »

2007年9月15日 (土)

総裁選一色報道、中身を問う報道姿勢が欠けている

 国民の突きつけた、自公政治「ノー」の審判に対して、どれ程候補者が答えようとしているかを報道しない姿勢は、単なる興味本位に国民を引っぱり、自公の悪政への国民の怒りをなんとか分散させようという意味合いしか持たない。国民に期待をもたせ、さあ、生まれ変わった自民党 を宣伝するだけなら、マスメディアの繰り返す誤った報道姿勢である。この総裁選の最中にも、「医療費抑制」を大前提にした医療改悪が打ち出されている。相変わらず、総裁候補の一人だった、伊吹文明文科相は06年度政治資金収支報告で、家賃のいらない議員会館を事務所にしながら三千三百三十五万円もの事務所費を計上している。1500万円以上を計上している者は六人。おかしなことは、何も解明されていない。きっと、総裁が変わって、今までの疑惑にふたをしようとするだろう。それを許さない報道こそ意味のある報道である。
 安部政権を誕生させ、続投させたのも、自民党と公明党である。あの、無策な、国民にとって少しも良くない政治をさせてきたのも、自民党と公明党である。顔をすげ替えて、「今までのことはチャラよ」とはさせてはならない。
 私に言わせれば、選挙管理内閣であるべきだ。

|

« ボンボンらしい辞職の仕方、意味不明 | トップページ | 「健康は自己努力で」何をぬかす、厚労省。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボンボンらしい辞職の仕方、意味不明 | トップページ | 「健康は自己努力で」何をぬかす、厚労省。 »