« 「働かんなら死ね」こんな暴言を許して良いのか。 | トップページ | 「福祉から雇用へ」の中身の残酷さ »

2007年9月 7日 (金)

政治家の経理担当者はど素人なのか

 ここまで新内閣の政治家の政治資金訂正が多いのにまず、驚き。
それもみな全員、理由は事務方の間違い。何十万円から一千万を超える額を、経理担当の職員の事務的ミス。
みんな揃って、経理の「ケ」の字も知らない、非正規雇用の人に任せているのですか?複雑な事務でしょう?誰が面接して決めているのですか?秘書ですか?じゃあ、秘書のせいですね?ずいぶん駄目な秘書ですね。結局、秘書か事務員が悪いのでしょ?ご本人は何にも知らなかったのですよね?でも、最後はこんな役立たずの秘書を雇い、経理事務員を雇った、あなたの責任じゃないですか?「監督が行き渡らなかった、申し訳ない」と云う議員はいても、「私が誤魔化させた」と、きちんと云う議員は一人もいない。みんな人のせい。誰も信じないですよ、こんな馬鹿げた話。どんな会社でも、経理担当には、それなりの人を雇いますよ。私のような芸人が、仕事が無いからと言って頼んでも断られます。経理は大切な仕事ですから。なんでこんなに、経理の人が無能なのですか?
 あなたが、経理の人のせいにしているだけですよ。国民は見抜いています。馬鹿にするのもいい加減にしなさい。

|

« 「働かんなら死ね」こんな暴言を許して良いのか。 | トップページ | 「福祉から雇用へ」の中身の残酷さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「働かんなら死ね」こんな暴言を許して良いのか。 | トップページ | 「福祉から雇用へ」の中身の残酷さ »