« みなさん、自民党と公明党の政治は終わりにしましょう。それが国民のためです。 | トップページ | 東大阪市における、市長不信任決議案採決の危険性と民主主義の危機 »

2007年9月 2日 (日)

疑惑の宝庫安部新内閣。きれいな人はいないと宣言したような現実。

 発足してまだ一週間も経たないのに、出るわ出るわ政治と金にまつわる問題閣僚と、政治家。
一ヶ月も「身体検査」をして発足したのに、もう片手では足りない程の人が問題を指摘されています。
 岸田文雄沖縄・北方担当大臣。 組閣当日に、いい加減だった政治資金収支報告書を過去にさかのぼって訂正しました。きっと大臣にならなければ、そのまま。
 額賀福司郎財務大臣。 地元の事務所の建物を、何年間も不動産登記していませんでした。従って、税金も払っていません。普通では考えられません。
 高村正彦防衛大臣。 家賃のかからない議員会館を事務所にしながら過去三年間で三千万円の事務所費を計上しています。伊吹文明文部科学大臣、 甘利明経済産業大臣も同じ疑惑の持ち主です。
 遠藤武彦農水大臣。 農水省所管法人から補助金を受けている団体から、禁止されている献金を受け取り、更に、農業共済組合員を水増しして、補助金を不正に受け取っていましたが、04年に知りながら何もせず、変換もしないで、課長二人に罪を押し付ける卑劣人間です。「秘書が」「課長が」。もう聞き飽きた言い訳をまだしています。これ言い訳になりません。共済組合を、事実上私物化していた人ですよ。共済の公用車も、いつも遠藤事務所にほとんど置かれていたのですよ。車が、公用車だったことも、秘書が、課長がですか?
 玉沢徳一郎衆議院政治倫理審査会会長(元農水相)。 領収書を改ざんして、何度も請求していた詐欺男。こんなのが、政治倫理審査会の会長ですって。馬鹿みたいですね。普通の社会では通用しません。

 さあ、安部氏は自分の言葉通り「説明責任を果たさない人は、辞めて頂く」覚悟は良いかな。

|

« みなさん、自民党と公明党の政治は終わりにしましょう。それが国民のためです。 | トップページ | 東大阪市における、市長不信任決議案採決の危険性と民主主義の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みなさん、自民党と公明党の政治は終わりにしましょう。それが国民のためです。 | トップページ | 東大阪市における、市長不信任決議案採決の危険性と民主主義の危機 »