« 消費税大増税を迫る経団連の身勝手さ。 | トップページ | 少子化なのに産科医不足。自公の無責任の結果。 »

2007年10月26日 (金)

キューバの体制転覆を、なぜアメリカが主張できるのか。それが米国の云う民主主義か。

 今のアメリカの民主主義の本質を示すブッシュの演説でした。「民主主義」の世界への押し付けは、民主主義とは無関係です。他国の体制を破壊することを呼びかけるのは、国際テロと同じではないでしょうか。そんな国が人道主義を云っても、アルカイダと何も違いません。ですから、世界的にアメリカは孤立し、日本だけが汲々と付き従っているのです。イラクからもアメリカは最終的に負けて出て行くでしょう。アフガニスタンからも最終的に負けて出て行くでしょう。ベトナム戦争も合理化するブッシュは、日本のアジア侵略戦争を美化するごく一部の日本人達と同じで、いずれ歴史の中で恥ずべき名を残すでしょう。

|

« 消費税大増税を迫る経団連の身勝手さ。 | トップページ | 少子化なのに産科医不足。自公の無責任の結果。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税大増税を迫る経団連の身勝手さ。 | トップページ | 少子化なのに産科医不足。自公の無責任の結果。 »