« 十五兆一千億円が9年間で三十二兆七千億円に。大企業の利益、税金変わらず。 | トップページ | 東大阪市長選いよいよ明日告示。長尾氏の勝利を! »

2007年10月17日 (水)

首相が国会質疑でキレちゃ失格、器じゃ無い。

 昨日の国会質疑の最中、共産党の小池氏の質問の最中、福田首相がキレタのです。前代未聞のことです。
インド洋で自衛隊がしている給油活動をめぐって、小池氏が再三首相の見解を、アメリカ軍のホームページから得た資料をもとに、パネルにして、「アメリカ軍はアフガン作戦、イラク作戦、海上阻止活動を一体で行っているのに、日本の給油は海上阻止活動にだけ使うことなど、出来るわけが無い」と首相に迫りました。小池氏のパネルには、アフガニスタンを爆撃した空母アイゼンハワー、ミサイル巡洋艦アンツィオに給油する補給船「とわだ」が写っています。石破防衛大臣も、アフガン攻撃に給油した船が参加していることを認めました。なのに首相は認めたくないのでしょう。答弁は「あっち」と他の閣僚を指差し答弁を避け、やっと重い腰をあげ、苦々しい表情で発した言葉が 「何で理解をするような努力をしてくださらないのか。見解の相違じゃないですか、これは。いくら議論したって賛成とは言わないんでしょ、結局。私から申し上げれば、米軍のアフガン空爆に加担しているのではありません」。これは見解の問題では在りません。事実の問題です。その事実を認めたうえで、はじめて議論になるのです。大好きで、心から信頼しているアメリカ軍のホームページの資料で明らかなことさえ、自分に都合が悪いと事実さえ認識しようとしないのでは、首相の資格在りません。日本政府は、今までもそうでした。アメリカ議会資料が情報公開されて、日本との色々な密約が公表されても、 「そういう事実は無い」の一点張り。じゃあ、アメリカに間違った資料を公開するなと抗議でもするかというとしない。信頼しているアメリカが、嘘を云っているとも云えない。八方塞が、キレルもとです。

|

« 十五兆一千億円が9年間で三十二兆七千億円に。大企業の利益、税金変わらず。 | トップページ | 東大阪市長選いよいよ明日告示。長尾氏の勝利を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十五兆一千億円が9年間で三十二兆七千億円に。大企業の利益、税金変わらず。 | トップページ | 東大阪市長選いよいよ明日告示。長尾氏の勝利を! »