« 戦争でテロは無くならない事が明らかになった6年間。 | トップページ | 沖縄県民11万人参加の抗議大集会さえ嘘だったと云う靖国派の安っぽさ。 »

2007年10月24日 (水)

東大阪市長選、デマと嘘が飛び交う中で長尾さんの勝利を。

 嘘とデマを、市民の前で発言する人たちに、市政を任してはいけません。どんな嘘とデマを流しているか皆さんに知っていただこうと思います。云っているのは自民党、公明党です。
 1 「長尾市長は国保料を上げたから公約違反で不信任した」。
答え。長尾市長は国保料を値上げしないために、一般会計からの繰り入れを六億円も増やし六十六億円にしました。この伸び率は大阪府下トップです。それでも値下げが出来なかったのは政府が補助金を減らしたからです。補助金を減らす方法は、美濃部都政を始め、革新自治体をつぶす時の政府の常套手段で、財政を赤字にした責任があたかも、その自治体の長のせいに在る様にする、或いは、ばら撒き予算と云い、生活者支援に原因が在る様な宣伝をするのです。実態は政府の気に入らない自治体への補助金カットが、原因なのです。自公のせいです。
自公の候補は、じゃあ国保料をどうするのかと言いますと、軽減するとは一切云いません。「滞納解消」つまり取り立て強化です。
 2 「ようするに共産党市政は駄目だと云って回ればよい」。「長尾市長は一年で市の職員を86人増やし、その人件費が七億円増えた」。(公明党議員)
答え。4060人いた職員を3987人に減らしました。病院や消防士など市民サービスに必要な職員の確保をしながら、効率的な運営努力をしてきました。全然逆の嘘。また黒田革新知事のことを取り上げて「府立高校の授業料を大幅に値上げしたから、共産党は駄目」とも云っています。でも、公立高校の授業料は政府が基準を決め、自治体を財政的にしばっているのです。黒田さんはその制約下でも、八年間にわたって、政府の基準よりも大幅に安く抑えてきたのです。9年目の選挙の年に、地方財政の危機が全国的に拡がる中で、「基準」にせざるをえなかったのです。結局授業料を上げたのは、黒田さんでも、共産党でもなく、政府自民党の基準だったのです。現在大阪府知事は自公の推している太田知事ですが、「基準」を大幅に36000円も上回る144000円です。しかもエアコン代として5400円も取り上げているのです。これは、大阪府以外にないことです。
 調べれば直ぐ判る嘘でも、何でもいいからデマを流す謀略政党公明党の面目約如と一体化した自民党の云うことに騙されず、東大阪市民の良識に期待します。

|

« 戦争でテロは無くならない事が明らかになった6年間。 | トップページ | 沖縄県民11万人参加の抗議大集会さえ嘘だったと云う靖国派の安っぽさ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦争でテロは無くならない事が明らかになった6年間。 | トップページ | 沖縄県民11万人参加の抗議大集会さえ嘘だったと云う靖国派の安っぽさ。 »