« 舛添要一厚労相の許せない発言「国民は権利にあぐらをかくな」。 | トップページ | 福田総理になっても、何も変わりません。誤魔化しの答弁から本質が見える。 »

2007年10月 5日 (金)

所信表明に対する質問に何も具体的に答えない無能首相

 私がする所信表明では無いのです。内閣総理大臣の答弁として、何も具体的なことを答弁しない酷さは、無責任を通り越して、これで良いのかと思わせます。この内閣は、私の言ったとおり選挙管理内閣で十分です。任命した大臣の酷さ。伊吹とか云うお金の使い道の訳のわからない人を、官房長官に据えただけで、この内閣のだらしなさは判っていましたが、舛添といい、お上を振りかざすだけの能無しを大臣にしています。今時、お上何て云う言葉を使う発想がまず間違っている。保険庁の問題で、地方の市長などに向かって「小人」の戯言などという人珍しいですね。俺は大臣だという姿勢のどこに、民主主義があるのか。馬鹿としか思えない。
 福田首相は、こうしたい、ああしたいと答弁するだけ。ハッキリしていることは、構造改革路線を変えない、社会保障は抑える、これだけです。格差社会に所信表明でふれても、これを招いた構造改革路線を踏襲する。この人は何も判っていないか、惚けて自民党政治を続けたいだけ。もう、結構だ!失せろ。

|

« 舛添要一厚労相の許せない発言「国民は権利にあぐらをかくな」。 | トップページ | 福田総理になっても、何も変わりません。誤魔化しの答弁から本質が見える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舛添要一厚労相の許せない発言「国民は権利にあぐらをかくな」。 | トップページ | 福田総理になっても、何も変わりません。誤魔化しの答弁から本質が見える。 »