« 瀬戸内寂聴さんの発言「若い人へ 信念を貫いて」(7・11・11赤旗) | トップページ | 靖国派なる呼称を私はブログからこれから使いません。 »

2007年11月12日 (月)

テロ新法案の、テロに何の役にも立たない真実。

 アフガン戦争六年、イラク戦争五年の結果をどう判断するのか。決してそんなに難しい判断ではありません。
アメリカはこの二つの戦争で勝利宣言をすでに出しているのです。でも、まだ戦っています。アメリカ軍の戦死者は増え続けています。テロは、世界中に拡がりました。もし、どなたか、この戦争の「勝利」で、テロが世界的に縮小され、テロを許さない世界的世論がテロ勢力を包囲して圧勝したと言える人いますか?いないでしょうね、げんじつを見る方なら。
 この戦争の「勝利」で、国連の支援活動さえ出来ない状態で在ることは、世界中の人々の知ることです。という事はこの道を進めても、テロ根絶には全然役立たないこと明白です。だって、少しもテロは減らず、むしろ拡がっているのですから。反論できる人、この事実にですよ、いませんでしょ。
 この法律を何が何でも今国会で成立させたい人たちは、国民の苦しみ解決より、アメリカに付き従い、憲法を事実上破壊したい人たちです。戦争でテロは無くならないで、むしろ酷くなった現実を見ないのは、政治家なら国民に対して不誠実な議員達です。彼らの云う国際貢献は、窮地のアメリカを助けることだけです。

|

« 瀬戸内寂聴さんの発言「若い人へ 信念を貫いて」(7・11・11赤旗) | トップページ | 靖国派なる呼称を私はブログからこれから使いません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸内寂聴さんの発言「若い人へ 信念を貫いて」(7・11・11赤旗) | トップページ | 靖国派なる呼称を私はブログからこれから使いません。 »