« 志位共産党委員長の記者会見の内容。 | トップページ | 二大政党の虚偽が招いた事態。 »

2007年11月 5日 (月)

野党の役割を否定した小沢代表の行動を許さない。

 野党は普通議席が少ないが、参議院では逆転したのが今の現実です。圧倒的多数を得た民主党の代表が、連立しなくては、民主党の政策を打ち出せず、実績を作れないと云うのは野党の役割を、単なる批判するだけの立場に、自らおとしめています。その発想は、公明党の云いかたとそっくりで、公明党は野党である共産党には、実績が何も無いと云いふらしています。反対だけが実績なぞと云っていますが、公明党は野党だった時から、実績を売り物にしていたのです。与党になってからは、自民党の悪政の推進役。
 小沢氏の根本的間違いは、野党の闘い方を何も知らないことから始まります。参議院選挙で、何故圧倒的支持を得られたのかさえ判らない。国民が何故民主党に投票し、自民党が歴史的大敗をしたのか。
 それは今の自公の進めている政治に国民が怒ったからです。公約を実現していく野党の道は、決して与党になるだけではないのです。国民的要求にもとずく運動と一体になって、国会の論戦で、与党を追い詰め、そうせざるを得なくするのです。或いは、国民的運動の先頭に立って、組織者になるのです。繰り返し国家で取り上げ、国民の前で、世論を喚起するのです。こうした野党の役割を、小沢氏は否定したのです。
 ねじれ国会と云いますが、国民の声は、少しもねじれてなんかいません。まともです。
 国民の票を掠め取ったのではないでしょう。共産党に流れる票をたしかに抑えた。結党の目的は確かに成功した。でも、国民の声を裏切ったらおしまいです。共産党は確かに少数野党ですが、いつまでもその立場に甘んじようとは思っていません。でも、今でも出来る役割を知っています。現実に国政に大きな影響力を持っているのです。ですから、自衛隊も、公安調査庁も共産党を、最も敵視しているのです。

|

« 志位共産党委員長の記者会見の内容。 | トップページ | 二大政党の虚偽が招いた事態。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志位共産党委員長の記者会見の内容。 | トップページ | 二大政党の虚偽が招いた事態。 »