« 何万年も在る人類の歴史の中で、たった百年チョッとの資本主義が人類の到達した最後の体制なんですか? 2。 | トップページ | 野党の役割を否定した小沢代表の行動を許さない。 »

2007年11月 5日 (月)

志位共産党委員長の記者会見の内容。

志位委員長は鳥取市で記者会見に臨み、つぎのように述べました。 
(小沢代表の辞意表明をどう受け止めるか)
 小沢代表は、密室談合で自民・民主両党の連立政権協議をすすめようとしたが、これが破綻した結果だと思う。
参院選を「反自公」を掲げてたたかった民主党が、自民党と手をくもうというのは、国民の民意を裏切るものであり、有権者との関係でも小沢氏がとった行動は党首として失格だと思う。さらに、連立協議は、密室談合を舞台におこなわれたわけで、福田・小沢両氏による繰り返しの密室談合を容認してきた民主党全体の責任もきびしく問われてくる。民主党は二度と再び、このような国民の審判を裏切る行動をとるべきではない。
(もう一方の当事者である自民党の対応をどう考えるか)
 自民党に求められていたのは、参院選でくだされた国民の厳しい審判を受け止め、これまでの政治を反省し、転換をはかることにある。直面する国政の基本問題について、国民の前で堂々と議論をおこない、解散・総選挙で審判をあおぐことが、当たり前の政権党としてのとるべき態度だ。これまでの政治への反省もなく、数集めの大連立にすすめようというのは、これも国民の審判をないがしろにする態度といわなければならない。
(共産党はどう対応するのか)
 福田政権に正面から対決し、自民党政治を大本から転換する役割をしっかりはたす。わが党のがんばりどころの情勢だ。

|

« 何万年も在る人類の歴史の中で、たった百年チョッとの資本主義が人類の到達した最後の体制なんですか? 2。 | トップページ | 野党の役割を否定した小沢代表の行動を許さない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何万年も在る人類の歴史の中で、たった百年チョッとの資本主義が人類の到達した最後の体制なんですか? 2。 | トップページ | 野党の役割を否定した小沢代表の行動を許さない。 »