« 消費税増税が盛んに云われだしたのは参議院選挙後。ここに注目しましょう。 | トップページ | 全国学力テストに反対する。 »

2007年11月 7日 (水)

民主党の分裂をさけた小沢代表続投。国民への背信行為。

 小沢代表の続投が決まりました。大連立を仕組んだ自民党の技ありです。
何故大連立かは、小沢氏が明らかにしています。「このままでは総選挙が勝てない」。では、何故この間の参議院選挙で大勝ちしたのか?反自公を打ち出し、現在の政治に嫌気を感じている人々の支持を得たからです。だが、具体的政策的には、国民は知らされず、期待票を入れたのです。なのに、自公と連立は矛盾しているし、自公政治の延命を手助けするだけです。基本的に自公と連立が組めるほど、政策は大した違いが無いことを、国民の前に明らかにしてしまったのです。この小沢氏を、再び代表に選んだことは、今度は民主党自身の責任問題に成ることにも気が付かない。何故か。今は国民のことどころか、民主党の分裂を恐れたからです。党略が先行したのです。
 何度も言います。民主党は自公となんら変わりません。財界に寄付をお願いしている政党です。「野党であっても、政策を判断して寄付をください」。国民のことを思っていたら、こんなこと口が裂けても云えません。財界の大儲けは、国民いじめで得たのですから。

|

« 消費税増税が盛んに云われだしたのは参議院選挙後。ここに注目しましょう。 | トップページ | 全国学力テストに反対する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税増税が盛んに云われだしたのは参議院選挙後。ここに注目しましょう。 | トップページ | 全国学力テストに反対する。 »