« ホームレス四人に一人が退役軍人(アメリカの話)自衛隊員の自殺も増加。 | トップページ | 瀬戸内寂聴さんの発言「若い人へ 信念を貫いて」(7・11・11赤旗) »

2007年11月10日 (土)

民主党の混乱の原因、国民との約束。

 先の参議院選挙の結果を見れば、この次に何をしなければいけないのかは、自明でした。これは、自公にとってもそうなのですが、民主党は政権交代を前面に出し、自公政治反対を打ち出して選挙に勝ったのです。ですから、これからは公約、国民との約束を果たさなければいけなかったのです。小沢代表はこれが怖くなってきたのです。自公の政治によって潰されてきた国民生活を何とか公約どおりに進めていくためには、自公政治の大本、財界いいなり、アメリカべったりの政治を変えなければ無理なのです。それには根性も、思考も必要ですが、そんなこと思いもしないで、まさか大勝するとは思ってもいなかったので、口から出任せで済ましていたのです。ところがどっこい、大勝してしまって、参院で過半数をとってしまったのです。いわゆるねじれ国会に成ってしまったのです。
 小沢氏は恐怖しました。これからは、自公の政策に対して、対案を出さなければいけなくなったのです。すると必然的に、財界いいなり政治を変える必要が出てきます。アメリカ従属も限界値に近づいています。したがって、財界とアメリカと対立してしまうのです。本音は自公と一緒なのに、どうしようと考えたでしょう。財界の資金援助が無ければ立ち行かない政治家集団です。安保条約にも大賛成な集団です。困ってしまったのです。そうだ、いい事を思いついたぞ、これが選挙を経ないで、政権党に成れる道で、国民にも、民主党の力で、この政策は成立したと云える。何だか公明党と同じですね。国民には自民・公明・民主で協力したとしか考えられないのですが、小沢氏の頭に浮かんだこの構想こそ絶対だと思ってしまったのです。哀れな人です。それも、民主党挙げて留意したから、これで、民主党の本質を知った人は多いでしょう。次の総選挙が楽しみです。

|

« ホームレス四人に一人が退役軍人(アメリカの話)自衛隊員の自殺も増加。 | トップページ | 瀬戸内寂聴さんの発言「若い人へ 信念を貫いて」(7・11・11赤旗) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホームレス四人に一人が退役軍人(アメリカの話)自衛隊員の自殺も増加。 | トップページ | 瀬戸内寂聴さんの発言「若い人へ 信念を貫いて」(7・11・11赤旗) »