« 私が創る反戦の長唄。 | トップページ | 岩国井原市長、抗議の辞職。「民意を問いたい」。 »

2007年12月27日 (木)

沖縄集団自決、軍の強制認めず。文科省。

 集団自決に、今行われている裁判(大江健三郎しと、岩波書店が被告)で「隊長の命令の存在は明らかでないという説が出ている。だから軍の命令有無が明らかではないという見解が定着しつつある」。
 これが、文科省の云い分です。一人の隊長が命令をしていないと云えば、その意見が、「命令の有無が明らかでない」という見解が定着しつつあると云う訳です。圧倒的多くの県民の目撃証言が在るにも関わらず、これらは当てにならない、いい加減な証言としか取り扱わないということです。沖縄県民は賠償請求を求めているのではないのです。真実の歴史を教科書に記述して欲しいと言っているだけです。
 この文科省のかたくなな姿勢は、戦後、教育を襲ってきた歴史逆流を狙ってきた流れに沿うもので、今再び、アメリカと共に戦争する国造りを狙う勢力の意図を打ち出したものと言えます。
 自国の国民の多くの証言さえも認めない国です。外国人「慰安婦」さんたちの証言なんか、認めないでしょうね。
 この流れは、戦争による、非道なことには、一切軍は直接関与していないという、帝国軍を徹底的に守る侵略戦争否定論と軸を同じにしている流れです。私達は、この流れを喰い止めなければなりません。

|

« 私が創る反戦の長唄。 | トップページ | 岩国井原市長、抗議の辞職。「民意を問いたい」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私が創る反戦の長唄。 | トップページ | 岩国井原市長、抗議の辞職。「民意を問いたい」。 »