« 記事をまた立ち上げます。 | トップページ | さあ儲かるぞ!三兆円市場。 »

2007年12月10日 (月)

私達の税金三兆円に群がる日米政治家と軍需産業。人殺しを儲けの手段ととらえる最低な人間達。

 米軍再編は日本だけでなく、アメリカが世界中で行っていることです。ヨーロッパを含め、アジアでも彼らの基地再編は行われようとしています。それをあたかも、沖縄の基地負担軽減の為なぞと云う政治家は大嘘付きで、国民にとって許してはならない人間達です。大体から、アメリカ軍がグァム島(アメリカの領土)へ沖縄から移転するのに、日本が税金で費用を全額近く負担する。ここにも大嘘があって、またもや沖縄の負担軽減が云われるのですが、8000人移転して沖縄には僅かの米兵が残るだけだと云うのです。全然嘘です。グァムと沖縄を行ったり、来たりこれからもするし、大体から、現在沖縄に何人の米兵がいるのかさえハッキリさせず、更に大きな基地を造って、サンゴやジュゴンを殺そうとしているではないですか。沖縄の負担軽減なんか考えてもいないくせに、更に、予算措置で名護市には、新基地建設に反対しているからといって助成金も出さない措置まで講じて、政府がですよ、何が負担軽減の為なのか。集団自決の問題では、沖縄の意思を調査もしないで検定意見撤回を拒否しているのに、何が沖縄の為なのか。沖縄という名前を利用しているだけです。
 その証拠に、日本政府が出すと云っている米軍再編費用、三兆円、それも今のところで、どこまで膨らむか判らないその金に群がり、儲けるビッグチャンスと考えている政治家、軍需産業、官僚が、日米で会合を開き、手を擦り、足を擦って、今か今かと待っている現実が在るのです。これらの人間は、人として最低な人間です。私に言わせれば人間の屑です。でも、彼らが日本の政治の中枢を握り、この三兆円を含めて、これらの出す必要もないお金の為に、国民がどんなに苦しみ、餓死しようが関心も無ければ興味も無い政治が行われているのです。
 次の記事で、この人でなしの姿を書きます。

|

« 記事をまた立ち上げます。 | トップページ | さあ儲かるぞ!三兆円市場。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記事をまた立ち上げます。 | トップページ | さあ儲かるぞ!三兆円市場。 »