« 黒雲が立ち込めだした、葛飾ビラ配布逆転有罪。 | トップページ | 舛添大臣の「憲法で国民には勤労の義務」が書いてある。保護所帯は怠け者だと云うのか。 »

2007年12月12日 (水)

都政報告ビラを配布したから犯罪とは、なんと酷い裁判でしょう。裁判所の任務を放棄した東京高裁を断罪する。

 近頃の日本の裁判は、上級審(地裁より高裁・最高裁)に行くほど、権力迎合の判断が多くだされます。今回の高裁判決は、とても象徴的です。マンションに、昼間静かにビラを配布したのです。それも、都政報告です。それが犯罪を構成したと云うのです。住居侵入と、財産権を犯した犯罪だと云うのです。売春のビラではないのです。不法なエロビデオのビラでもないのです。こんなものなら年中ポストに入っています。宅配ピザやさんのビラも入っていて、重宝しています。引越しやさんのビラも重宝しています。出前のお蕎麦屋さんのメニューも便利に使っています。これらも犯罪なのか。一人暮らしのお年寄りにとっても、風邪をひいて出かけられない時にも便利です。
 今回の裁判の最大の特徴は、日本共産党のビラだったことです。これは一連の国公法弾圧堀越事件、世田谷国公法弾圧事件など、みな共産党の活動に対する活動妨害を狙った警備公安警察の弾圧事件の一部です。
 共産党の一枚のビラで、命の助かった人たちもいるのです。どこにも相談できなくて、もう死のうと思った人たちが、ビラをみて、公衆電話から連絡を下さって、本当に死ななくて良かったと元気を取り戻しているのです。それが現実の世の中ではないですか。石川啄木ではありませんが、働いても働いても暮らせない人々が、いっぱい生まれている現実を直視すれば、国民に政治の議会報告を伝えることは必要なことです。政治を身近なものとして知ってもらうことは、国民の為であり、民主主義の根本です。その大事な活動を押さえつけるには、何かの意味があるはずです。その意味は、現在のいい加減な政治と、これからアメリカと共に海外で戦争する国作りに最も邪魔な妨害勢力である日本共産党を犯罪の渦の中に取り込め、閉じ込めてしまう大きな意思が、権力側にある事です。
 昔から、世界でもそうであったように、戦争前夜には必ず「赤狩り」が付いて回りました。今は誇るべき憲法を持った日本です。国の最高法規憲法を、マンションの管理組合の決定によって、憲法が認めた国民の権利も無効にしてしまうような、そんな憲法をないがしろにする裁判官達を許すわけにはいきません。そんな感覚で、よく裁判官に成れた物です。それ程日本は狂って来ているのです。

|

« 黒雲が立ち込めだした、葛飾ビラ配布逆転有罪。 | トップページ | 舛添大臣の「憲法で国民には勤労の義務」が書いてある。保護所帯は怠け者だと云うのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒雲が立ち込めだした、葛飾ビラ配布逆転有罪。 | トップページ | 舛添大臣の「憲法で国民には勤労の義務」が書いてある。保護所帯は怠け者だと云うのか。 »