« 「つなぎ法案」提出撤回は前代未聞。国民の勝利。 | トップページ | 今日、赤旗新聞創刊80周年。赤旗の果たしてきた役割に心から敬意を表明します。 »

2008年1月31日 (木)

道路のコンクリートの破片でも食べていろと言うのか。道路特定財源に異議を申す。

 世の中の多くの人々が、チャンと生活できているのなら、道路建設もいいかもしれない。特に田舎になれば道路の確保が大事かもしれません。でも、国民が生きていくのに精一杯の時代に、困った人たちは道路のコンクリートの破片でも食べていろと云うのでしょうか。国民疲弊して道路立派。これ、冗談にもなりません。
 生活道路優先は異議ありませんが、十年間で58兆円、一年間5,8兆円ももこれから道路ばかり造らなくてもいいでしょうに。食べられないで餓死する人がいる国で、何故道路にそんなにお金をかけるのか。儲かる人たちがいるからです。その人たちは、政治献金もしています。
 大体から、車に乗る人しか得しないんですよ。車に乗れないお年よりには、何にも成らないのですよ。
 こんな馬鹿げた決まりは、スパッと止めましょう。

|

« 「つなぎ法案」提出撤回は前代未聞。国民の勝利。 | トップページ | 今日、赤旗新聞創刊80周年。赤旗の果たしてきた役割に心から敬意を表明します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「つなぎ法案」提出撤回は前代未聞。国民の勝利。 | トップページ | 今日、赤旗新聞創刊80周年。赤旗の果たしてきた役割に心から敬意を表明します。 »