« 時給256円でお米作りが出来る訳が無い。お米をアメリカから輸入する為の農家つぶしの現実。 | トップページ | 強行再可決に強く抗議する。 »

2008年1月10日 (木)

私達は自分達で社会を造れることに、自信と希望を持ちましょう。

 働くものは、今、虐げられているけれど、自分達だけで社会を造れることに自信を持って、生き抜こうではありませんか。私達は生産が出来る。必要なものは、それぞれが分担して造れるのです。私は直接労働者ではないけれど、自分達の音楽文化も作れるのです。現在、お金持ちで、工場をもち、生産ラインを持っている人々は、自分達では何物も作れないのです。今皆さんが、不当な低賃金で働かされていますが、この、労働なくして生産は出来ないのです。幾ら、お金持ちが稼ぎたくても、儲けたくても、あの、酒に浸ったぶよぶよの身体では、何も生産できないのです。自分は美味しいお米を食べていられても、それを造る人々なくして食べることも、洋服を身に着けることも出来ない。でも、私達には在る。私達は生産者だから。
 いずれ、私達を主役にしないと成り立たなくなる時代が来ます。その日を、早く来させたいですね。我々は、我々だけで社会を構成できるのです。でも、彼らにはその、可能性さえないのです。
 現在、苦しみにあえいでる皆さん。自信を持ちましょう。

|

« 時給256円でお米作りが出来る訳が無い。お米をアメリカから輸入する為の農家つぶしの現実。 | トップページ | 強行再可決に強く抗議する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時給256円でお米作りが出来る訳が無い。お米をアメリカから輸入する為の農家つぶしの現実。 | トップページ | 強行再可決に強く抗議する。 »