« 政府の公約はもっと重いはずです。国民騙しに使っては政治不信を大きくするだけです。絶対許してはいけません。 | トップページ | ジュゴン調査の連邦地裁判決の画期性。 »

2008年1月27日 (日)

米連邦地裁「ジュゴン影響調査をアメリカ政府に求める」画期的判決。

 「計画は国防長官らによる最高レベルの承認をえているのに、ジュゴンへの影響はよく理解されていない」「国防総省が法に基ずく義務を履行するのを建設前夜まで待つことはできない」としてジュゴンへの影響調査について、文書を90日以内に出すことをアメリカ政府に求めました。あらためて、日本政府の、アメリカ言い成りの姿勢と、日本の文化財なんか無視してでもアメリカ軍の基地を造りたい姿勢が問われます。時間が無いので、詳しくは明日記事を書きます。

|

« 政府の公約はもっと重いはずです。国民騙しに使っては政治不信を大きくするだけです。絶対許してはいけません。 | トップページ | ジュゴン調査の連邦地裁判決の画期性。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政府の公約はもっと重いはずです。国民騙しに使っては政治不信を大きくするだけです。絶対許してはいけません。 | トップページ | ジュゴン調査の連邦地裁判決の画期性。 »