« 公営住宅は削減、基地外来者宿舎は三倍化。変ですよ。 | トップページ | 日経新聞の異常さ。一面トップで消費税増税を主張。 »

2008年1月 8日 (火)

3児交通死、福岡地裁判決に抗議する。

 四歳、三歳、一歳のこどもを殺した酒飲みの運転に対して、懲役七年六ヶ月の判決。私は同じ酒飲みとして許せない。一人のこどもに当てる罪とすれば、一人当たり二年半の刑罰。おまけに私は知らなかった。危険運転致死傷害罪は、「正常な運転が出来ない可能性がある状態では足りず、現実に道路・交通状況に応じた運転操作が困難な状態に在ったと強く推察される」。という条件を満たさなければ適用されないと言うことです。
 この危険運転致死傷害罪は、故意の心が無ければ成立しないのです。私もお酒が大好きで、飲んでいますが、車で出かけた時には、ハッキリ言って、乾杯の杯さえ口に運ぶような振りをするだけです。大体から、酔っ払いに故意の意識なぞ無いのです。故意も何にも判らない。故意の意識が問題に成るのなら、こんな法律在って無きが如し。この被告は、ビール一本と、焼酎の水割り八から九杯飲んで、ブランデーの水割り数杯を飲んでいるのです。こんな奴に、故意に事故を起こす気持ちがあったかといえば、みんな無い。従って、この危険運転致死傷害罪は、何の役にも立たない法律であります。判決は更に云う。「被告はスナックから約八分間、普通に右左折やカーブ走行を繰り返し、蛇行運転などの事実は認められない。事故直前も、衝突回避措置を講じており、正常な運転が困難な状態にはなかったと強く推測される」。
 事故直前の衝突回避はなぜ起きたのか。私には判りませんが、普通、常識的な運転をしていれば、衝突回避も、ある意味無関係です。
 この法律は、酒飲んで、故意も過失も判断できなければ適用できないのですから、酒飲み運転は減らないし、事故の犠牲者も減らすことは出来ないでしょう。馬鹿な法律です。
 

|

« 公営住宅は削減、基地外来者宿舎は三倍化。変ですよ。 | トップページ | 日経新聞の異常さ。一面トップで消費税増税を主張。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公営住宅は削減、基地外来者宿舎は三倍化。変ですよ。 | トップページ | 日経新聞の異常さ。一面トップで消費税増税を主張。 »