« 何も言えない生物達さえ守らないアメリカ云いなり自公政府の恥ずかしさ。自称「宗教家」もいるのに。 | トップページ | 表紙の「少女」これは僕です。(朝日新聞人・脈・記より) »

2008年1月28日 (月)

大阪知事選の結果に想う。

 ハッキリ言って、議会制民主主義が定着していないと感じます。これは、一貫した政府の政策の結果では在りますが、自分たちにとって、何が良いのかさえ判らなくされてきた結果の一つです。東京都も、宮崎県も。そして大阪も。テレビで顔が売れているか、名前が知られているか。そんな次元で選挙の投票を決めること事態が、日本に於ける議会制というか、本質的な意味での民主主義の発育不全を感じます。でも、これは国民のせいではありません。発育してきた国民の民主主義意識を、不全にしたよこしまな意図が今のところ功を奏しているのです。この傾向は暫く続くのではないかと思いますが、全体的に大きくみた時、私も推した梅田さんは、前回より票を伸ばしています。時間の問題だと考えます。矛盾の深まりは大きくならざるを得ない。国民がこれ以上の困難に出会う時、タレント性や、知名度だけで選ぶ人は少なくならざるを得ない。国民が政策で選ばなければ成らない時代の到来はやがて来ます。それには幾多の困難は在るでしょうが、歴史の法則として大きく動く時を確信しています。
 梅田さん当選を目指して頑張った多くの方々に敬意を表します。

|

« 何も言えない生物達さえ守らないアメリカ云いなり自公政府の恥ずかしさ。自称「宗教家」もいるのに。 | トップページ | 表紙の「少女」これは僕です。(朝日新聞人・脈・記より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何も言えない生物達さえ守らないアメリカ云いなり自公政府の恥ずかしさ。自称「宗教家」もいるのに。 | トップページ | 表紙の「少女」これは僕です。(朝日新聞人・脈・記より) »