« 消費税の底なしの本質 3 | トップページ | 消費税の底なしの本質 最終 »

2008年1月22日 (火)

代表質問。消費税増税を競い合う自民、民主の「二大政党」の本質。

 大企業に献金をお願いする政党の本質をあからさまにした昨日の自民、民主の代表質問。
大企業に実質的には一銭も負担のいかない消費税増税しか、もう道は無いように国民騙しの議論をしていました。個人の消費した分だけに税金がかかるから、一番平等だ何て事を主張するのは国民に対して犯罪的主張です。国民がスーパーで買い物するだけではない、もっと大きな財源としての消費税の本質を彼らは充分に知っているのです。それは私が連載記事として取り上げているように、大企業に一切の負担をさせない税制であり、それでいて莫大な税収になる、だから大企業に献金を求める自民も民主も一生懸命主張しているのです。経団連も推し進めようと必死なのです。このことだけでも、この税制が国民負担の過酷な増加だけで成り立つことを充分に証明しています。
 みなさんお考え下さい。自民党が、民主党が大企業に負担を求めたこと一度でも在りますか。
 自民、公明、民主が労働法制を改悪し続け「自由な働き方」の導入で生活が楽になったと感じて働いている人  いますか。
 自民党、民主党が不払い残業代を払えと、大企業に云ったこと在りますか。
 大体から、経団連に物申したり、抗議したことさえ在りません。
これでは、いくら期待しても国民の生活は良くなりません。だって国民の生活と、今や対極にある大企業の利益ばかり守ってきたのですから。消費税で社会保障なんて大嘘です。年金もそう。消費税のほんの一部であるスーパーでの買い物ひとつ取り上げただけでも、お金の無い人ほど家計における消費税の占める割合は高くなるのは自明のことです。月収百万円ある人がデパートなりスーパーで食費として二十万円買い物したとします。現行の5パーセントなら一万円の消費税です。収入に対する消費税の割合は一パーセントです。月収二十万円の人が食費として九万円、一日三千円ですが買ったとします。消費税は四千五百円です。収入に対する消費税の割は4,25パーセントです。これって、平等なんですか?食べることは人間にとって必要欠くべからざることです。お金持ちも、貧乏人も、食べることに関しては必要最小限度が在るのです。ですから、この事例に出したのは収入に比べて食料費を現実的数値として私の経験則から出したのです。昔習ったエンゲル係数。これだけは私が学校といわれる教育の中で教わった唯一に近い、現実的意味のある言葉です。家計における食費の割合です。ですから、エンゲル係数の高い家庭は、貧乏なのです。

|

« 消費税の底なしの本質 3 | トップページ | 消費税の底なしの本質 最終 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税の底なしの本質 3 | トップページ | 消費税の底なしの本質 最終 »