« 吉清さん親子の無念を想い、心から哀悼の気持ちを表明します。 | トップページ | 「覚えていない」無断聴取の内容を防衛事務次官語る。国民を馬鹿にし過ぎている。 »

2008年2月27日 (水)

これでも言い訳でもまた嘘を付く石破大臣。もう辞任以外にない。

 石破大臣が、海保に無断で航海長の聴取をしたことを認めましたが、その言い訳までが嘘。
今日の朝日新聞夕刊の記事によると、石破大臣は「防衛省において一刻も早く事故状況を把握し、対外的に説明するための行動だった」。何を云うのか。その結果は、皆さんもご存知の「二分前に、右舷の緑の灯りをみた」。この一点張り。他の情報は「捜査に支障があるので」の一言で、何も明らかにしなかったではないですか。
 艦長が事故当時何をしていたかも、乗組員がどこに配置されていたかも。こんな事実は、何の捜査の妨害にもならないのに、発表しなかったのです。一刻も早く対外的に説明する為も、これさえも嘘だったのです。何故嘘しか付かないのか。こんな嘘つきは、大臣としては勿論、人間として失格です。こんな人を大臣にした福田首相も、任命責任だけではなく、首相失格です。この人は、事故後、大したことも発言しないでは在りませんか。許せません。

|

« 吉清さん親子の無念を想い、心から哀悼の気持ちを表明します。 | トップページ | 「覚えていない」無断聴取の内容を防衛事務次官語る。国民を馬鹿にし過ぎている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉清さん親子の無念を想い、心から哀悼の気持ちを表明します。 | トップページ | 「覚えていない」無断聴取の内容を防衛事務次官語る。国民を馬鹿にし過ぎている。 »