« 24年前、高校二年生の時米兵にレイプされた女性の胸の内。 | トップページ | イージス艦衝突による親子の無事を願うと同時に、自衛隊に強く抗議する。 »

2008年2月19日 (火)

京都市長選の結果に思うこと。記事は直ぐ書けますが書かなかった訳。

 このブログはニュースでは在りませんので、私が思うことをまとめてからしか記事にしません。
 注目されていた京都市長選挙は、自民党、公明党、民主党、社民党の推す、前市政を受け継ぐと主張する門川氏が勝利しました。対抗馬の中村氏は政党では共産党だけが推し、幅広い市民の支援の下立候補し「今正義を・京都市政を刷新する会」の候補です。この結果で興味をひくのは、獲得投票数の差です。四党が推した門川氏と、私も推した中村さんの得票差はたった951票差です。当選した門川氏は四党の支持を得ながら、158,472票。この票数はオール与党四党が昨年の参議院選挙比例表選挙での獲得票45万票から大幅に減らしています。約三分の一です。私はここに、何故かを考えたのです。
 全体的に見て、自民、公明の悪政に対する国民の非難が反映したと考えられますが、今までこの差を埋めたのは、公明党の持つ創価学会票の存在だったと思います。マインドコントロールされた創価学会票は悪政の推進役になっていたのですが、これが破綻しつつ在ると言うことです。これまで全戦全勝だった公明党が国政選挙で負け出しましたでしょう。これが始まりです。マインドコントロールの破綻です。「自己責任」を打ち出す政府と財界の下で、「お前が貧乏なのも自己責任だ」と「自己責任」を国民に押し付ければ押し付けるほど、じゃあ、宗教は何をしてくれるのかと言う疑問が湧きます。昔、創価学会は「日蓮正宗」のお題目を唱えれば幸せになれるといっていたのが、逆に唱えなければ罰が当たるとまで言っていたのが、政党まで作って、それじゃ政治の問題ではないか。
 自民党は今問題にしません。民主党も、殆どの地方でオール与党なんです。地方というのは、生活が詰まっている場所なのです。そこでは自民党と同じ事を主張しながら、中央では対決姿勢を示そうと言っても、チョッと、じゃないなかなり無理が在ります。社民党はおしまいです。小選挙区制も導入しました。安保条約も認めました。まあこれだけでおしまい。自民党が政権から離れなければ成らない時に、自ら助けてあげた政党です。
 今度の京都市長選挙の結果は、夢を残した結果でした。創価学会のマインドコントロールの限界を感じさせ、民主党と社民党の役立たずを示した選挙でした。これが、私の京都市長選の結果を思う心です。

|

« 24年前、高校二年生の時米兵にレイプされた女性の胸の内。 | トップページ | イージス艦衝突による親子の無事を願うと同時に、自衛隊に強く抗議する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 24年前、高校二年生の時米兵にレイプされた女性の胸の内。 | トップページ | イージス艦衝突による親子の無事を願うと同時に、自衛隊に強く抗議する。 »