« 共産党は駄目?何故・・・私は伺いたい。 | トップページ | 日本社会のマグマの大噴火は、そう遠くない時機に迫りつつある。 »

2008年2月 9日 (土)

人間使い捨て政治に未来は無い。志位委員長気迫の質問。

 昨日の衆議院予算委員会。志位議員の質問に与野党席からも「いい質問だ」「その通りだ」の声が上がりました。志位氏は一番の不安定雇用、日雇い派遣労働の実態を取り上げ「派遣法を改正して労働者保護法に抜本的にすべきだ」と迫りました。「倉庫作業といわれていったら冷凍倉庫。軍手しか持っていなかったので半日で両手とも凍傷になった」。
 日雇い派遣の非人間性を労働者の生の声で告発する志位氏に、首相も「日雇い派遣は好ましくない」と云わざるを得ませんでした。派遣最大手のグッドウィルが違法行為を繰り返し事業停止命令を受けた事件では、派遣業の許可をとっている会社は刑事告発を免れ、派遣先企業は企業名の公表も勧告も受けていません。一方「偽装請負」で働かされていた労働者のうち、厚生労働省の是正指導後に正社員になれたのは僅か0,2パーセントです。「派遣元企業・派遣先企業は保護するが労働者は保護しない。おかしいとおもわないのか」と迫る志位氏に首相は「雇用が失われないようにする」と答弁しました。
 志位氏は更に、現行派遣法には「根本的問題がある」と強調。政府は「正社員から派遣への置き換えの禁止」を原則とし、その担保として「派遣期間の制限」を設けています。しかし実際には「短期の雇用契約を繰り返し更新する」「『班』『係』をかえる」などのやり方が横行。違反が摘発されても正社員になれた労働者は一人もいないのが実状です。志位氏は「実行ある措置が何も一つ無い」と延べ、派遣法が原則自由化されて以降、正社員が減り、派遣労働者が増え続けている事実を指摘。その実例としてキャノンの雇用実態を告発しました。
 志位氏が示した同社の内部資料は「外部要員の活用は労働コスト面からも非常に有利」リストラのための派遣導入を告白しています。実際大分県のキャノンマテリアルでは直接雇用千百六十人に対して、派遣・請負千七百二十人と半数以上を占めます。
 志位氏は「手元に残る給料は十万円以下、健康保険にも年金にも入れない」と訴える若者の叫びを紹介し、「世界のキャノンといわれる製品を作っている労働者がこういう状態におかれている」とただしました。首相は「実態がどうなっているのか厚労省に確認させる」と表明しました。最後に志位氏はILOのリポートとも紹介しながら「非正規雇用を放置していては日本社会の未来がない」と労働法制の規制強化を主張しました。
 志位質問を聞いたキャノン元派遣労働者からのメールをご紹介します。

 「将来が見えず、不安で仕方ありません。世の中こんなものだと絶望していましたが志位さんの質問を見て、一筋の光が見えた気がします。ライン主任を任されていましたが、私以外全員外国人でした。深夜の残業は当たり前。毎週のように休日出勤。『代わりは幾らでもいる』がキャノンの口癖です。あるとき私のラインの人が流産しましたが、次の日には仕事にきていました。やすんだらもう仕事がないですから。こんな会社が国際優良銘柄であってはならないと思います」。

|

« 共産党は駄目?何故・・・私は伺いたい。 | トップページ | 日本社会のマグマの大噴火は、そう遠くない時機に迫りつつある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共産党は駄目?何故・・・私は伺いたい。 | トップページ | 日本社会のマグマの大噴火は、そう遠くない時機に迫りつつある。 »