« イージス艦、やはり隠している真実。漁船団を無視して直進。情報を全部公開せよ! | トップページ | 石破大臣の辞任拒否と、大臣の責任の取り方は、私に言わせれば無責任の一言。 »

2008年2月22日 (金)

全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」

 日本共産党の志位委員長が勝浦の漁港を訪ね、お見舞いと聞き取り調査をしました。その内容を書きます。
昨日(沈没させられた「清徳丸」が所属する)勝浦の漁協の方々と僚船「金平丸」の船長、行方不明になっている吉清船長の弟さんにお見舞いを申し上げ事情をうかがった。現地は非常に激しい怒りに包まれている。いまだ二人の親子は行方不明だが、弟さんは「(イージス艦の乗組員も)船乗りならばこの寒い気候のもとで海に放り出されたらどうなるかは分っているはずだ。船に乗る資格はない。日本を守る資格などない」と自衛隊への強い憤りを表している。日本共産党として、あらためて強く抗議するとともに、一刻も早い被害者の救助と徹底した真相解明を求める。
 現地で、いくつか重大な問題が浮かび上がってきた。
第一にイージス艦が注意義務、回避義務の双方を怠ったことは疑う余地のないことだ。イージス艦は数百キロ先を確認できる最新レーダーを搭載し、見張り員も立っており、言い訳は出来ない。漁協関係者は今日(21日)の記者会見で、三十分前にはわかっていたはずだと強く指摘している。
第二に、根本問題としては、軍事優先の考え方がある。現場海域では、事故が発生した午前四時ごろは、日の出の時刻に漁場に到着すべく航行する漁船と、東京湾に入る大型船が交差する極めて危険な時間帯だ。最も注意を払うべき海域と時間帯であったにもかかわらず、注意を怠っていたという意味でも、ますます責任は重い。
 海のルールでは、右舷に船を見つけたら、その船に回避義務が生じる。ところが漁協で聞いたところでは、大きな軍艦などは、たとへ右舷に船を見つけても回避行動はとらず、回避義務のない漁船が回避行動をとるのが日常の実態だという。はっきりいえば「そこのけそこのけ、軍艦が通る」という、まさに軍事優先の状態になっている。房総の海が、無法の海になっている。そして、国民の生命と安全を守るべき自衛隊がそういう無法を犯している。これは許しがたいことだといわなければならない。
 しかも、石破防衛相は、自衛隊が発表する情報をただうのみにして垂れ流している。たとえば当初、発見時刻を二分前だといっていたのに、その後十二分前だという話になった。しかしこれも、漁協関係者に、三十分前には発見していたはずだと手厳しく批判されている。
 こういう事故が起きたら、みずから真相を究明し、自衛隊を厳しくただすのが防衛相の仕事のはずだ。自衛隊の出す情報をただ垂れ流しているという対応では、防衛大臣失格だと言わざるを得ない。従って日本共産党は、石破防衛相の罷免を強く求める。当然福田首相の任命責任も逃れられない。
 第三に、根本を考えると、東京湾の入り口に横須賀港という軍港を置いたままでいいのかという問題が問われると思う。この軍港の最大の問題点は米軍の空母の母港だというこただ。この空母を原子力空母に置き換えようという動きが起こっている。横須賀港を本拠地にしている海上自衛隊のイージス艦や護衛艦というのは、まさに米空母を守ることを本義としている。そういう危険な軍港をこのままにしておいていいのか。まず、横須賀の空母の母港化はやめさせる。原子力空母の母港化などはもってのほかだ。

|

« イージス艦、やはり隠している真実。漁船団を無視して直進。情報を全部公開せよ! | トップページ | 石破大臣の辞任拒否と、大臣の責任の取り方は、私に言わせれば無責任の一言。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イージス艦、やはり隠している真実。漁船団を無視して直進。情報を全部公開せよ! | トップページ | 石破大臣の辞任拒否と、大臣の責任の取り方は、私に言わせれば無責任の一言。 »