« 二分前の嘘の情報を繰り返し、航海長を秘密裡に市ヶ谷まで運び、口裏合わせ。 | トップページ | これでも言い訳でもまた嘘を付く石破大臣。もう辞任以外にない。 »

2008年2月27日 (水)

吉清さん親子の無念を想い、心から哀悼の気持ちを表明します。

 吉清治夫さん、哲大さん。寒い海に放り出されてどんなだったでしょう。勝浦漁協の仲間の必死な捜索活動にもかかわらず未だに見つからないお二人。ご家族のたっての要望で、漁協の捜索活動が終わりました。
 天候不良のなか、沖合いに出た僚船からお握りや、花束が投げ入れられ、「捜索ができなくなりました。勘弁してください」と手を合わせ、吉清さんと同じ番地に住む七十四歳の男性は「引き上げられなくてすみません」とお酒と果物を海に投じました。全国の多くの人々が悲しんでいます。お二人の死を、無駄死ににはさせませんと決意して、私は、告発を続けていきます。 合掌。
 

|

« 二分前の嘘の情報を繰り返し、航海長を秘密裡に市ヶ谷まで運び、口裏合わせ。 | トップページ | これでも言い訳でもまた嘘を付く石破大臣。もう辞任以外にない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二分前の嘘の情報を繰り返し、航海長を秘密裡に市ヶ谷まで運び、口裏合わせ。 | トップページ | これでも言い訳でもまた嘘を付く石破大臣。もう辞任以外にない。 »