« イージス艦衝突事件の昨日のテレビを見ていて思ったこと。判ってるのか、判ってないのか専門家見たいな人の発言に思う。 | トップページ | 全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」 »

2008年2月21日 (木)

イージス艦、やはり隠している真実。漁船団を無視して直進。情報を全部公開せよ!

 事故を起こしたイージス艦は漁船団を無視して直進していたことが、漁船団の全地球測位システム(GPS)で裏づけされました。その航跡画像は慌てて衝突を回避しようとしている漁船の動きを示し、かたや自動操舵中のイージス艦は回避行動を取らず直進を続けた様子がハッキリしました。
 今から二十年前に起きた自衛隊の潜水艦「なだしお」事故。大型釣り船と衝突し、三十人の乗員、乗客が死亡、十七人が負傷した事故ですが、裁判では「なだしお側に一次的責任がある」と認定、艦長に禁固二年六ヶ月、執行猶予四年。釣り船船長に禁固一年六ヶ月、執行猶予四年が確定している事故です。この時もそうだったのですが、当時の防衛庁は情報を全て開示せず小出しにして、航泊日誌を改ざんし、海図を一部書き直すことまでしていました。
 今回も防衛省の発表がころころ変わります。
イージス艦「あたご」が漁船の存在を確認したのは衝突二分前と発表。それが一転十二分前へ。通常の商船であれば航跡を記録する「コースレコーダー」や、エンジンがどう作動したかが判る機器を搭載しているそうです。未だに航跡の公開はされていません。最新鋭のハイテクの粋を集めたイージス艦にも当然在るはずですが、何故公開されないのでしょう。これらの記録を調べれば、どれ位の速度で航行し、どこで後進を始め、どちらに、どれだけ舵を切ったかもハッキリします。ところが防衛省は、「あたご」搭載のレーダーで漁船を発見していたかさえ明らかにしません。更に海上衝突回避義務は相手船を右側に見る船に在ります。その回答も避けています。
 庁が省になっても変わらない隠蔽体質。こんな国民に真実を公開しない組織が、世界に貢献なんて、どんな顔して云えるのでしょう。ここから想像しても判ります。昔軍隊だった日本軍は、アジアでどんな酷いことをしても、責任を取らなかっただろうなと。認めもしなかっただろうなと。それを現在、真面目な漁民を、国民を寒い海に放り出したままでも、自分達の非を少しでも認めたくない、あくまでも隠そうとする態度から、私達は色々なことに想像力を働かせ、こんな無責任な武力集団を海外に出させては日本の恥になり、世界中に再び迷惑を招くことに気付かなければいけない。
 ただでも寒い今、海でどうしているのでしょう。

|

« イージス艦衝突事件の昨日のテレビを見ていて思ったこと。判ってるのか、判ってないのか専門家見たいな人の発言に思う。 | トップページ | 全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イージス艦衝突事件の昨日のテレビを見ていて思ったこと。判ってるのか、判ってないのか専門家見たいな人の発言に思う。 | トップページ | 全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」 »