« 私が日本の戦争 総集編を休んでいる理由。 | トップページ | 京都市長選。門川大作候補の創価学会との癒着ぶりに驚き。中村候補への支持を。 »

2008年2月15日 (金)

許しがたい法務大臣の発言。志布志事件。

 鳩山法務大臣は「氷見事件は人違いだから冤罪だが、志布志事件は冤罪と呼ぶべきでない」と発言しました。では志布志事件とはどんな事件だったのか。 
 志布志事件とは、前々回の鹿児島県議選での買収容疑で住民が逮捕、取調べによって起訴されましたが、無罪が確定した事件です。元被告には明白なアリバイが在り、更に買収が行われたという会合そのものが無かったことが明らかに成った「事件」です。それも、七世帯しかない集落で、二百万円も提供するという、最初から話自体が不自然なことでした。
 では、氷見事件とはどんな事件か。富山県で起こった強姦、強姦未遂という犯罪事件です。逮捕・起訴された方は、有罪になり刑に服させられましたが、たまたま後から真犯人が現れ「人違い」がハッキリしたのです。
 ではこの二つの事件を比較してみますと、志布志「事件」は最初から犯罪そのものが無かったこと。ですから真犯人の現れようが無いのです。被告にされた被害者は一年も拘置所に拘留され、四年も裁判闘争をしたのです。
 氷見事件は現実に強姦、強姦未遂事件が在ったのです。
 それなのに鳩山法務大臣は先のように発言し更に「定義がハッキリしない冤罪というものをこの事件(志布志事件)まで適用すると、無罪事件は全部冤罪になってしまう」。
 これは現在の法廷で無罪となっても無実ではないと発言したことと、同じになります。大体から最初から事件そのものが存在しない「事件」をでっち上げた事件なのです。確定判決が指摘・断罪したように、警察・検察の違法、不当捜査を免罪し、元被告人らの人権を平然と踏みにじって恥じない発言です。憲法を守り、人命と国民の人権を尊重すべき法務大臣として失格です。直ちに辞任すべきです。
 この法務大臣は、今までにも問題発言を繰り返しています。福田内閣も、安部内閣と同じように、きっとこの発言を大して問題視しないで避けるでしょう。今や本当の行き詰まり内閣。自らの内閣としての規範さえ示せない自公の末期的症状です。

|

« 私が日本の戦争 総集編を休んでいる理由。 | トップページ | 京都市長選。門川大作候補の創価学会との癒着ぶりに驚き。中村候補への支持を。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私が日本の戦争 総集編を休んでいる理由。 | トップページ | 京都市長選。門川大作候補の創価学会との癒着ぶりに驚き。中村候補への支持を。 »