« 全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」 | トップページ | イージス艦舩渡艦長の事情聴取をまだしない海上保安庁の捜査と奥深い狙い。 »

2008年2月22日 (金)

石破大臣の辞任拒否と、大臣の責任の取り方は、私に言わせれば無責任の一言。

 またもや、福田首相含めて、大臣の責任の取り方が普通の常識とかけ離れていることが判明しました。
福田首相は「今は石破防衛相の辞任だとか言ってるときではなく、事実を究明することが先決」。
石破大臣は「現地の方々からも、大臣が真相の究明の先頭に立って欲しい」。
 結局、辞職させる考えも、辞職する考えもないと云ったのです。
真相解明が、自衛隊の情報を国民にただ垂れ流すだけの人では出来ないことは明白です。この人はこの間、それ以外の、すなわち自衛隊情報以外を国民に知らせましたか。自衛隊が確認時間を2分前と云った。今、情報を集めてる。自衛隊が確認時間を12分前と云った。一体何の情報を集めているのか。イージス艦の「コースレコーダー」の内容を発表もさせない。指導力ゼロ。現地の人たちが「大臣に真相究明の先頭に立って欲しい」。こう発言するのは当然です。本来担当大臣なら当たり前のことですから。現地の人々は、大臣という人間を信じているのです。しかも自衛隊は現地で、マスコミの取材は無視するように云っているのです。それでも自衛隊情報だけをただ垂れ流す大臣に何が出来るというのでしょう。だから辞めるべきなのです。自衛隊は武力組織です。それを統括する大臣は文民です。これは憲法に定められた大臣の規定です。ただ垂れ流すのでは、文民統制が、武力組織に対して、全然働かないではないですか。
 もう少しまともな人間が大臣になり、真相の究明に当たるべきです。

|

« 全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」 | トップページ | イージス艦舩渡艦長の事情聴取をまだしない海上保安庁の捜査と奥深い狙い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全くだ!漁民の言うとおり「船乗りの資格がない」 | トップページ | イージス艦舩渡艦長の事情聴取をまだしない海上保安庁の捜査と奥深い狙い。 »