« 防衛省に抗議電話千本以上。殆どが「何故事実を隠すのか」。 | トップページ | 米兵は日本人を傷つける。イージス艦は米空母を守る。そのイージス艦を日本の税金で買う日本政府。 »

2008年2月25日 (月)

衝突事故対応に見る防衛省と政府の許されない姿勢と、軍隊の本質を示す自衛隊の態度。

 政府と防衛省は、事故発生後の最初の発表からすでに、世論誘導を始めていた。「緑の明かりを視認」。これが世論誘導の始まりです。緑の明かりは船の右舷に点ける明かりで、これを第一に発表したことは何を意味するのか。沈没した清徳丸が、イージス艦「とわだ」の進行方向に対して左側に、しかも漁船団と反対の方向に向かっていたことになります。更に「とわだ」の左側に存在していたことを主張する根拠にもなります。「とわだ」に対して清徳丸が右舷を見せていたという事です。在るいは「清徳丸」が赤灯を付けていなかった。「清徳丸」の不注意ですね。どちらにしても「清徳丸」は衝突回避義務の在る船で、「とわだ」には回避義務は無かったという意味に成るのです。これは漁船団の全ての漁民の意見と真っ向から対立します。「漁師の誇り」を持って、漁師さんたちは発言しています。「清徳丸」は、前後の明かり、横の左舷の赤と、右舷の緑の明かり、全部点けていた」と。防衛省の発表は嘘だと怒っています。
 他にも漁船団の存在を認知していたかさえも発表しない。
 乗員の事故当時の配置も発表しない。
 事故当時舩渡艦長が何をしていたかも発表しない。
 水上レーダーでは小型船は映らないことがあるという説を流すのも、これも嘘です。海上保安庁の巡視船は今回のように海が穏やかな場合は手漕ぎの小さなボートでも探知できると話しています。
 海上衝突予防法は、レーダーでの探知と探知した船の系統的な観察を義務づけています。記録がないといって法律違反を免れることは出来ません。
 最後に今言えることは、防衛省の説明がコロコロ変わることです。

 事故を起こした「あたご」の真実の原因を明らかにすることは、政府の役目です。これさえも、自衛隊をかばうことしか考えないとしたら、私は元々大反対ですが、自衛隊派兵恒久法案などもっての他です。世界中が今回の事故を知っています。世界中の恥さらしです。そんな無責任な政府の下で自衛隊が派兵されたら迷惑だと思っています。そして、一番大事なことは、そもそも、自衛隊本体は文民統制が行き渡っていない集団であることです。これは、歴史的にみても当然なことなのですが、戦後、旧日本軍の将校達が、防衛大学校の先生になり、自衛隊の大幹部に成って、後輩達を育て、教育してきたのです。その中身は想像が付きます。今度の事故に当たっても、まともに情報を出さないではないですか。隠しているのです。国民の生命より自衛隊組織の維持を大事にしているではないですか。これは、完全に軍隊の意識です。まさに自衛隊なんですね。自らを衛る部隊。守るのは国民でもなければ、世界でもない。南京事件の現場にいた将校達がまさに今の自衛隊を作った歴史を、脈々と受け継いでいる自衛隊の現在の態度は、許せないし、国民的批判が出るでしょう。政府も、それを許しておけば、相応の国民的判定を受けるでしょう。

|

« 防衛省に抗議電話千本以上。殆どが「何故事実を隠すのか」。 | トップページ | 米兵は日本人を傷つける。イージス艦は米空母を守る。そのイージス艦を日本の税金で買う日本政府。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 防衛省に抗議電話千本以上。殆どが「何故事実を隠すのか」。 | トップページ | 米兵は日本人を傷つける。イージス艦は米空母を守る。そのイージス艦を日本の税金で買う日本政府。 »