« 群馬の県都を襲う米軍のジェット機。住宅密集地での訓練は米軍の新たな動き。 | トップページ | 日本軍「慰安婦」問題の解決求め世界同時連帯行動が行われました。 »

2008年3月 7日 (金)

海上自衛隊が全隊員四万五千人から見舞金を徴収。

 海上自衛隊が、吉清さん親子に、見舞金を払うそうですが、全海自隊員から徴集してるのです。(産経五日付)
発起人は海幕副長、自衛隊司令部幕僚長、護衛艦隊司令部幕僚長の連名。隊員からは「半強制的に集めている」と不満の声が出ています。これは誤魔かしです。吉清さん家族や漁協関係者や、国民が求めているのは、真相究明です。「捜査の妨げになる」は言い訳で、今すぐするべきことは、防衛省や海上自衛隊が、事故の真相を積極的に語ることです。それが最優先事項です。明らかに、どう見ても、事故の真相を隠そうとしています。何もその後、発表が無いではないですか。こんなこと、許されてはおかしいです。

|

« 群馬の県都を襲う米軍のジェット機。住宅密集地での訓練は米軍の新たな動き。 | トップページ | 日本軍「慰安婦」問題の解決求め世界同時連帯行動が行われました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 群馬の県都を襲う米軍のジェット機。住宅密集地での訓練は米軍の新たな動き。 | トップページ | 日本軍「慰安婦」問題の解決求め世界同時連帯行動が行われました。 »