« 人事異動の季節です。公務員の思想的差別人事は決して許されてよい事ではない。 | トップページ | まだ続いている阪神・淡路大震災。 »

2008年3月28日 (金)

大江さん勝訴。当然の判決を喜ぶと同時に、歴史を捻じ曲げる勢力に強い怒りを覚える。

 大江さんの勝訴は歴史を検証する上での、一つの基準を示しました。当然では在りますが、画期的な勇気の在る判決だと思います。文部科学省をも含め、歴史学の科学とは何かが曖昧にされて来ている今、本来から在る当たり前の科学的思考がこれ程明確に再確認されたことは、一つの大きな重い判決です。
 原告側が主張する、遺族年金を受け取る為に住民等が捏造したと云うことに対して、判決は「住民の主張が年金の適用が始まる前から存在していた」と退けました。
 今歴史を捻じ曲げようとする勢力は、このお金の為に、犠牲者が嘘を付いているという主張を、沖縄戦に限らず、慰安婦問題でも全面的に展開しています。これを誰が思いついたかは判りませんが、非常に人間の尊厳を傷つける許しがたい発想です。彼等は自分達が金の為なら嘘でも何でも云う、行動する人間たちなのでしょう。ですからといって、みんな自分達と同じ人種だと思うべきでは在りません。そんな卑しい人間はそう滅多にいません。
 原告側の、もう一つの主張。「住民に集団自決を命じたことは無い。逆に、住民には自決しないよう厳しくいさめ、後方で生き延びるように伝えた」。
 これに至っては、笑止千万、怒り万倍。沖縄に限らず、「何が在っても生き続けろ」なんて軍が云っていなかった事は、特攻隊の現実一つとっても嘘ですし、日本中の国民に全国で「生きて恥をさらすな」「一億玉砕」を押し付けていたのに、「何が在っても生き延びろ」は余りにも国民を馬鹿にした出鱈目です。
 これらの主張に対して大阪地裁は決然とした判決を下しました。
 自決用に手投げ弾が配られた証言が多数在る。
 手投げ弾は戦隊にとって極めて重要な武器で、軍以外からの入手は困難。
 集団自決が起きた全ての場所に軍が駐屯し、駐屯しない場所では発生しなかった。
これで明らかです。

|

« 人事異動の季節です。公務員の思想的差別人事は決して許されてよい事ではない。 | トップページ | まだ続いている阪神・淡路大震災。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人事異動の季節です。公務員の思想的差別人事は決して許されてよい事ではない。 | トップページ | まだ続いている阪神・淡路大震災。 »