« 「石原銀行」破綻で報告書の提出も、旧経営陣参考人招致も否決した自・民・公のどこも違わない本質。 | トップページ | 「残存能力をいかに維持するかだ」厚労相答弁が示す後期高齢者医療制度の本質。 »

2008年3月14日 (金)

一千四百億円の高価なイージス艦、新たに完成。「あたご」と同型。三菱重工から防衛省に引渡し。三月十三日。

 また造りました、新しいイージス艦。一千四百億円が三菱重工に支払われました。国民の税金から。
餓死する人のいる信じられない程の日本。新しいイージス艦の名前は「あしがら」。日本で一番高価な海自の艦船。財源はどうしたのでしょう。少しも「財源が無い」なんて云わないで剛毅なもんですね。すごい。
 「恐ろしい人」からコメント頂きまして、この間の「あたご」の事故は、単なる一つの海難事故で、漁民も納得しているそうです。それを騒いでいるのは、社民党などの馬鹿な野党なんですって。漁民は迷惑しているそうです。漁民が、忙しい中、手紙を誰に書いたのかは知りませんが、それで馬鹿な野党は静かになったそうです。
 でも、このコメントを、私のブログに送ってくるなんて、いやいやブログを私の日記とその人は云うのですが、何も検証しないで送っていることが解ります。私が日本共産党員であることも知らない。確認しない。短絡的人ですね。怒りまくったその場の雰囲気で私にコメントというか、いちゃもんをつけてきたのです。もう少し、冷静になって、私にコメント下さらなければ、また、愚か者が何か云ってきたと私に思われます。
 私は日本共産党員です。

|

« 「石原銀行」破綻で報告書の提出も、旧経営陣参考人招致も否決した自・民・公のどこも違わない本質。 | トップページ | 「残存能力をいかに維持するかだ」厚労相答弁が示す後期高齢者医療制度の本質。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「石原銀行」破綻で報告書の提出も、旧経営陣参考人招致も否決した自・民・公のどこも違わない本質。 | トップページ | 「残存能力をいかに維持するかだ」厚労相答弁が示す後期高齢者医療制度の本質。 »