« 自・公・民仲良く「改憲同盟」。両党幹事長らが役員。 | トップページ | 「せんたく」議連。「改憲同盟」。中曽根康弘。このキーワードは何か。 »

2008年3月 5日 (水)

誰でも内容を知れば怒る後期高齢者医療制度。

 知らされていなさ過ぎるこの制度。私のお弟子さんたちも、何処かで聞いた人は怒っています。それを傍で聞いたお弟子さんも怒っています。一体いつ誰が決めたの?とみな怒っています。こんな制度決めた人は、人間とは思えないと怒っています。
 この制度の一番悪いところ、全部悪いのですが一番は、75歳以上の人は死ぬまで保険料を払い続けることです。それも年金から天引きで。その中で更に悪いことは、一万五千円以下の年金月額が低い人は、払い込みで、一年間滞納して悪質滞納者とみなされると保険証の取り上げで、資格証明書の発行になります。そうなると病院窓口で一旦全額治療費を払わなければ成りません。そんなもの払える人なら保険料を払っています。ここで云っている悪質滞納者かどうかの査定は、生活保護行政の現実を見れば判ります。餓死する人がいても、生活保護行政は正しいと云う現在の行政では疑って掛からなければ駄目です。
 米軍再編で日本が払うお金は今のところ三兆円です。三兆も一兆も我々には見当が付きませんが、ここに一兆円の大きさを示すお話をしましょう。一人の人が毎日百万円使っていたとしましょう。一兆円在ると縄文時代から毎日、今日まで使っていられるのです。それ程莫大なお金なのです。そのお金が在れば、後期高齢者医療制度なんてしなくても、充分予算は在ります。要するに、予算をどのように使うか、この問題なんです。米軍基地再編には使う意味が在るが、お年寄りの為に使う意味は無いという判断です。世界中で行っている米軍再編は、沖縄の負担軽減とは何も関係ない無関係なことです。米軍の都合です。だって世界中で行っているのですから。でも、何処の国でも、お金まで出している国は世界で日本だけです。異常ですよ。75歳からは死期が近いから別立ての保険に入らせ死ぬまで負担させる。自公政府の非人道的立場がハッキリする制度です。だから、国民に詳しく説明しないので、知らない人、判らない人がいっぱいいるのです。

|

« 自・公・民仲良く「改憲同盟」。両党幹事長らが役員。 | トップページ | 「せんたく」議連。「改憲同盟」。中曽根康弘。このキーワードは何か。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自・公・民仲良く「改憲同盟」。両党幹事長らが役員。 | トップページ | 「せんたく」議連。「改憲同盟」。中曽根康弘。このキーワードは何か。 »