« 一番姑息で、図々しく、本当は一番気が小さい嫌な人、石原都知事。でも、選んだのは都民。 | トップページ | 一千四百億円の高価なイージス艦、新たに完成。「あたご」と同型。三菱重工から防衛省に引渡し。三月十三日。 »

2008年3月14日 (金)

「石原銀行」破綻で報告書の提出も、旧経営陣参考人招致も否決した自・民・公のどこも違わない本質。

 都民の一千億円の税金を無駄にしたなら、旧経営陣の招致は欠かせないし、報告書の全文を明らかにするのは当然です。都議会議員のお金では在りません。都民の納めた税金です。
 都議会予算特別委員会は紛糾し、予定時刻から七時間近く送れて始まり、開会直後、日本共産党の大山とも子都議が「調査報告書」の全文提出と、旧経営陣の参考人招致を求める緊急動議を提出しましたが、三宅茂樹委員長(自民党)が採決しようとしませんでした。日本共産党の委員が委員長席に詰め寄り、「委員長、動議が出たのだから採決しなさい」「会議規則通りにやりなさい。汚点を残す重大問題だ」と強く抗議する事態に成りました。」これを受けて三宅委員長は参考人招致の動議だけを採決し、日本共産党と生活者ネットワークが賛成、自民・民主・公明の反対で否決。調査報告書全文の提出を求める動議は採決さえされませんでした。
 民主党は理事会の段階では日本共産党の提案に同調していましたが、委員会では反対に回りました。この間自・民・公三党で水面下の協議を重ね、その為に委員会開会が七時間も遅れたのですが結局民主党は、自民党と同じ立場、参考人招致も、報告書の全面公開も反対の立場に立ったのです。
 一千億円もの税金投入が無駄になったのです。さらに四百億円も追加投資するという提案を知事がしているのなら、少なくとも、この程度の議会としての調査と報告書の公開は当たり前のことです。何しろ、自分達のお金が原資ではなく、都民の税金なのですから。それさえも拒否する権限が都議会に在るのでしょうか。都民に対して、責任ある態度といえるのでしょうか。都民の税金を原資にしながら、都民には何故こうなってしまったかも教えないということです。これほど、民主的でない事が許されるのでしょうか。それさえしないなら、まず追加投資案を白紙に戻すべきです。
 都政に限りません。国政でも同じです。これら三つの政党の違いはないのです。

|

« 一番姑息で、図々しく、本当は一番気が小さい嫌な人、石原都知事。でも、選んだのは都民。 | トップページ | 一千四百億円の高価なイージス艦、新たに完成。「あたご」と同型。三菱重工から防衛省に引渡し。三月十三日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一番姑息で、図々しく、本当は一番気が小さい嫌な人、石原都知事。でも、選んだのは都民。 | トップページ | 一千四百億円の高価なイージス艦、新たに完成。「あたご」と同型。三菱重工から防衛省に引渡し。三月十三日。 »