« 映画「靖国」がドイツで上映されました。 | トップページ | あるブログを訪ねて。国民を愚民視する思想は、現在の悪政を免罪することになる。 »

2008年4月 9日 (水)

1933年、治安維持法で検挙された公爵の娘、靖子とは。

 戦前、日本共産党は、労働者階級だけでなく、多くの階層にまたがった人々の心を捉えていました。
そして戦争反対、主権在民の主張は、科学的であり、その理論は、戦後の現在の憲法に受け継がれました。
 1932年警備保安局保安課「日本共産党ノ運動概要」には「最近発覚せるシンパ(支持者)ハ官吏、大学教授、弁護士、文士、新聞記者、学者、銀行会社員、名家富豪の子弟等極めて広汎ニ亘り」としています。
 そして33年の「華族赤化」事件が起きます。この事件は1月18日の八条隆孟(当時28歳。父は子爵)の検挙に始まり、3月下旬、森俊森守(24歳。父は子爵)、久我通武(父は男爵、祖父は侯爵))山口禎男(23歳。祖父は明治天皇の侍従長)上村邦之丞(20歳。祖父は海軍大将)岩倉靖子(20歳)亀井茲健(22歳。父は昭和天皇の侍従、伯爵)小倉公宗(23歳。父は子爵)松平定光(23歳。父は子爵)。さらに9月に中溝三郎(25歳。男爵)の計十人が検挙された事件です。八条氏らは、東京帝大で学習院出身者でつくる「目白会」の中で、後輩達と読書会を開き、「無産者新聞」を普及、数十人を組織していました。絶対的天皇制政府は衝撃を受け、改心した者には温情で、そうでない者には厳罰の方針を取り、八条、森、岩倉の三人を起訴、他はあっさり反省文を書いたことで釈放しました。
 女性で唯一検挙された岩倉靖子は明治維新の立役者で、華族で最上流の公爵となった岩倉具視のひ孫でした。靖子は「人夫などが、汗水たらして働いている姿を見て帰っては、可愛そうだと涙」する人でした。また「同族や富豪のぜいたくぶりを見て、どうして世の中に等差がひどいのか」と思い沈む優しい女性でした。女子学習院から日本女子大に進み、従弟の夫、横田雅俊(大審院院長・秀雄の四男、長男は戦後の最高裁長官横田正俊)の影響で32年3月、社交クラブ「五月会」を作り、上流・中流階級の女性に日本共産党の影響を広げようとしました。検挙後、「肉親の情」「家門の名誉」で迫る取調べにも屈せず、靖子は仲間についての供述を拒否したため、他の検挙者と違って一人市ヶ谷刑務所に収監されました。そして保釈後、自宅で自殺しました。
 遺書は鉛筆で書かれていました。 「説明も出来ぬこの心持を善い方に解釈してくださいませ」。
人間の良心を踏みにじり、屈服させようとした天皇制権力のむごさは、決して忘れることの出来ない、今日なお、許されてはいけないことです。そして、日本共産党の今日ある姿は、まさに無数の人々によって支えられ、あの時代に、絶対的天皇制の時代に、戦争反対、国民主権を掲げ、恐れず勇敢に闘ったおおくの人々の勇気と、科学的思想に裏打ちされているのです。二度と歴史の歯車を戻させてはいけません。

|

« 映画「靖国」がドイツで上映されました。 | トップページ | あるブログを訪ねて。国民を愚民視する思想は、現在の悪政を免罪することになる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「靖国」がドイツで上映されました。 | トップページ | あるブログを訪ねて。国民を愚民視する思想は、現在の悪政を免罪することになる。 »